一等寝台に乗ってみた 【タイ国鉄】

ご存知、沢木耕太郎の深夜特急で印象的な鉄道の旅。
彼が乗ったのはマレー半島を南下するルートであるが、まずは北方面の列車に乗ってみた。
タイ国鉄では安く寝台列車に乗れる。
どうせ乗るなら、日本では乗れない一等個室寝台でラオスとの国境の町、ノンカイを目指すことなりました。
旅行社でチケットは予約済みなので、とりあえずバンコクのフアランポーン駅へ
駅の中は、想像以上に旅行者が多く、みなさん、地べたで寝ている人も多い。
e0117096_1463332.jpg
e0117096_1464647.jpg
e0117096_1465950.jpg
e0117096_1481115.jpg
e0117096_1484511.jpg
二等寝台は、左右に二段ベットが並ぶタイプ。
一等寝台は、個室に二段ベットがセットされます。
e0117096_1410639.jpg
e0117096_14401621.jpg
e0117096_14917100.jpg
e0117096_14412736.jpg
e0117096_14492049.jpg
食堂車もありますが、なぜか行っちゃあだめと言われ・・・
係りの人が食堂車から食事を部屋まで運んできます。
食事の値段は、夕食、朝食二人分で、490バーツ。約1300円。
列車の中なので、街中値段の倍くらいになりますが、日本の感覚でいえば安いです。
ちなみに列車料金は、二人分で約6000円です。
これまた、日本からすると、かなりのお買い得ですが、
飛行機で行くよりは高くなります。
e0117096_20155365.jpg
e0117096_14494042.jpg


約一時間遅れで、国境のノンカイに到着。
タイ国鉄にしては上出来の時間です。
e0117096_20155684.jpg
e0117096_14501247.jpg
日本ではもう昔の姿になりつつ寝台列車。
タイではまだまだ楽しめます。
良ければワンクリックお願いします。
更新の励みになります(*^^)v
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
こちらもよろしくお願いします。