鉄道でタイ・ラオスの国境を越える

バンコクから乗った列車から、ノンカイで乗り換えた列車。
一応、国際列車です。
そして、ノンカイ、タナレーン間乗ると、ラオスの鉄道、完全制覇となります。
ここ、ノンカイの国境越えの方法は、バスを乗り継いで越えるのが一般的ですが、
てっちゃんのはしくれとしては、鉄道で国境越えを選択。
タイ出国のイミグレーションはのんびりしたもので、
タイ出国手続き終了後、チケットを買い忘れた私は、再度タイ入国。
チケットを買った後、イミグレーションの横をすり抜け出国。
さすがにこのときは、止められれましたが、もう手続き終わっていることを告げると、
笑いながら、どうぞと。
ゆるい国境です。
まあ、ここの国境越えを使うのは、外国からの旅行者が大部分。
ノンカイで下りた客のほとんどは、バスでの国境超えを選んだようで、
列車の中もガラガラです。
二両連結の、まさに四国のローカル線と同じ車両は、前触れもなく、ゆっくり出発。
ちょっとは、合図してほしいものですが、
お客が少ないので、これでいいのでしょう。
十分ほどで、メンコ川を越え、ラオス入国。
タナレーン駅の入国もゆるいもの。
駅の改札でチケットを買う感覚で入国です。
ただ、なにぶんにも、こんな調子ですから、何の施設もない。
屋台程度の飲み物を売る店があるだけで、
後は、この駅からビエンチャンまでの乗り物の勧誘があるだけ。
さっそく、ラオスのお金をと両替を探すに、両替所なし。
ちかくにいたラオス人に、両替方法を尋ねると、
先ほどの売店にいた少年がかばんを持って登場。
少しだけでいいので、千円札を出すと、
しみじみ千円札を見た後、両替拒否。
日本の円、ここでは、力ありません。
一万円両替する気もないし、一応ドルとタイバーツがあるので、
とりあえずは、ビエンチャン市内へ向かうべく乗り物交渉。
料金は決まっているらしく、看板にいろんな方法が書いています。
当然タクシーが高く、乗合バス、トゥクトゥクと安くなります。
一番安いのをと言うと、ひとり300バーツ(日本円で約800円)で乗り合いバスとのこと。
まいったなぁという顔していると、
ふたりで300バーツで乗り合いバスでいいとのバスの運転手が言ったので、それに決定。
もう少し交渉できたと思うけど、時間がもったいないし、
これだけ払ったのだから、バスをタクシー代わりに使って、
ホテルの多いところまで運んでもらうことを考えて、了解。
乗り合いバスと言っても、トラックの荷台に屋根をつけて、両端に木のベンチをつけたもの。
バスですから、途中から他の人も乗ってきますが、
その人たちの料金はローカル料金で私の数分の一。
いや、十分の一かも・・・
何分にも、物価がわからないので、だまされるままでした。
e0117096_9175891.jpg
e0117096_9174449.jpg
e0117096_9234379.jpg
e0117096_9185799.jpg
e0117096_919963.jpg
e0117096_9193594.jpg
e0117096_919543.jpg
乗り合わせた母子とちらちら視線が合うので、
リュックから香港の小銭を子供に渡すと、
すごく喜んだので、
カミサンも日本のコイン渡してました。
e0117096_9202343.jpg
タラートサオといバスターミナルが一応の終点でしたが、
運転手に頼み、ホテルの近くまで。
後で分かったのですが、
この距離でも、トゥクトゥクに乗ると、200円くらいは取られる距離だったので、助かりました。
良ければワンクリックお願いします。
更新の励みになります(*^^)v
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
こちらもよろしくお願いします。