世界一高いコーヒー

日本で飲むと、一杯3000円ぐらい取られます。

名前は、コピ ルアック。

別名、ジャコウネココーヒー。

e1.jpg

インドネシアのコーヒー農園ではロブスタ種のコーヒーノキが栽培されています。

その熟した果実は、野生のマレージャコウネコに餌として狙われている。

、果肉は栄養源となりますが、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されます。

そこで、現地の農民はその糞を探して、中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄し、よく乾燥させた後、高温で焙煎する。

で、これがウンコです。

e2.jpg

猫はこちら。寝てました。

刺激をあたえてみましたが、起きませんでした。

我が家の猫とおなじです。

e3.jpg

これを集めて、焙煎します。

うちの猫のうんこも売れるといいのですが・・・・

e4.jpg

e5.jpg

普通のコーヒーと比べてみると、違いが判ります。

e6.jpg

話のタネに頂きましたが、コーヒーの豆は、高くて手が出ませんでした。

買って帰っても、かざりになるだけでしょう(笑)

良ければワンクリックお願いします。
更新の励みになります(*^^)v
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
こちらもよろしくお願いします。

バックパッカー ブログランキングへ