ホテルのキャンセルトラブル

e0117096_21382821.jpg
ケアンズに出発する前に、ひとつ気がかりなことがあった。
それは一枚のケアンズからの送られてきた小切手である。
額面は約3万円。
振出人はホテルのマネージャー。
最初の予定では、このエスプラネード通りのコンドミニアムで滞在する予定であった。
ただ、一泊3万円とちと高かったので、ここをキャンセルした。
そのデポジットの返金が小切手で送られてきたのである。
今までの経験だと、返金は決裁したクレジット会社を通して戻ってきた。
今回は、小切手である。
この小切手、日本で現金化しようものなら、手数料がべらぼうに高い。
そこで、旅行中に現金にしようと思っていた。
最初は簡単に考えていた。
銀行に持って行ったら、すぐキャッシュになると思っていた。
オーストラリアで一番大きいANZ銀行の窓口に出すと、
ここではできない。発行元の銀行に行ってくれと言われた。
e0117096_21382217.jpg
そこで、数日後、その発行元である銀行を訪れ、現金化を求めると、
小切手に、署名が1か所足りない。
その場所に署名してもらえないと現金化できないという。
それをいわれた場所はポートダグラスの支店である。
署名をもらうためには、ケアンズまで行かないといけない。
途方に暮れていると、銀行のお姉さんが、コンドミニアムに電話をかけてくれた。
その結果、ケアンズに取りに来るなら、現金で払い戻すという回答であった。
部屋に戻って、悩んだ。
ケアンズ往復すると、半日がつぶれる。
せっかくの旅行、半日とてむだにはできない。
結論は出た。
なめられてたまるか。
このまま、日本に帰ったら、日本人は泣き寝入りする国民と思われる。
これからも、この方法で日本人に返金すれば、丸儲けである、と思わせたくない。
そして、事務所を訪れ、三万円を手にした。
e0117096_19362514.jpg
他にも返金してもらう方法があった。
それは、オーストラリアに口座を作り、そこに振り込んでもらう方法である。
しかし、この方法に数日かかるので、滞在中には無理であった。
このことは、別にブログに書くほどのことではないと思っていた。
あるオーストラリア在住の人に話すと、このことは大事なことであると言った。
この記事が、何か役に立つひとがいるかもしれない。
良ければワンクリックお願いします。
更新の励みになります(*^^)v
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ