カメラについて語ります

みなさん、旅行に行く前にカメラをどうしようかお悩みのようで・・・
わたくしもいろいろとありました。
カメラ歴は、高校生の時、父親にカメラを買ってもらって、はや40年以上。
買ったばかりの時に、写真の大御所、白川義員さんから、「いい写真撮ってるね」の一言。
儀礼の言葉と分からずに、盛り上がった高校カメラマンの出来上がりでした。
大学生の時には、自分の力の限界を知り、旅行の時はカメラを持たず、スケッチブックを持って旅行してました。
このころ時代はヒッピーの時代となり、バックパッカーの幕開けとなりました。
時代に乗り遅れまいと、「地球の歩き方」が発行され、とりあえず外国に行ってみるというのが流行りの文化となりました。
ではと、私もヨーロッパへと出かけました。
せっかく外国へと言うことで、気合いを入れて買ったカメラがパリで盗まれました。
獲られたカメラより、中に入っていたミラノで撮った、修復前の最後の晩餐の写真が今になって悔やまれます。
あのころ思っていたのは、ISO100のフイルムが主流でした。
ISO400のフィルムが買える人がうらやましかった記憶がよみがえります。
今、高感度のカメラが安くなっています。
コンデジでも、ISO3200なんて、ふざけるなって突っ込みたくなる感度です。
旅行は暗いところでも、シャッタースピードが稼げる感度が必要です。
ちょっと撮ったスナップが、シャッタースピードがないためにブレブレ写真になります。
そんなこともあって、私のカメラは普通の時はISO400に設定してます。
ちょっと暗くなったらISO800。
陽が暮れたら、1600、そして3200とあげていきます。
旅行の写真はほとんどがスナップ。
かまえて撮るより、チョイ撮りです。
カメラバックから取り出し、ちょっと待ってねというのでは、いいスナップは撮れません。
もし撮れたとしても、ポーズを撮ってもらったスナップ写真。
写真を撮るものとしては、ズボンのポケットからカメラを出して、パチリというタイミングが絶妙です。
フィルムカメラなら、写ルンですといったところですが・・・
理想はライカ・・でも、買えません。
コンデジは優秀になったといえ、被写体深度にいろいろ不満が残ります。
いいコンデジ求めて買ったものが、我が家では、たくさん転がっています。
で、やっとたどりついたカメラが、フジのX100。
ズボンのポケットに入ります。
レンズはF2.0で明るいです。
ISO3200余裕です。
そして、X100はX100S X100Tとマイナーチェンジをして、
初代のX100は中古でお安くなりました。
六万円ぐらいで買えます。
484.jpg
きょうは、これぐらいで。
カメラについては、続きがありそうですが・・・
くれぐれも富士フイルムのセールスではありません。
これを読んで買った人の半分は、不満タラタラでしょう。
でも、半分の人はこのカメラから離れられなくなるでしょう(笑)
その理由は語りません(*^^)v
ご訪問、ありがとうございます。
コメントを残していただければ幸いです。
更新の励みになります(*^^)v
下のボタンを押していただくだけでも励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ