「深夜特急」のメーンステージへ

パタワースについた。
深夜特急の旅も終わった。
沢木耕太郎の「深夜特急」の中で、バンコクからペナンまでのところは私にとって印象的なところである。
ここからが私の大好きなところとなる。
やっと、長く夢見た場所にたどり着くことができた。
終着駅だから、大きい駅だと思ったら、ホーム一つの簡素な駅である。
思い入れが強かった分、気持ちが萎えた。

s10_2015070113583668e.jpg

ホームから、ペナン島へはフェリーへのは長い通路で移動である。
なんの飾りもない通路。
観光客にとっては、「ようこそ、ペナン」など何か欲しいところである。
1_201507011509145ad.jpg
しばらく歩いて、フェリー乗り場に着く。
40円ほどの料金。
香港のスターフェリーよりちょっと高いくらいである。
こんなところに両替所あるわけないので、先ほどの列車の中の両替は正解であった。
2_20150701150916484.jpg
乗り場は、人も車も一緒です。
これにはちょっとびっくりです。
瀬戸内の離島フェリーと同じ雰囲気です。
3_201507011509179d0.jpg
待合室は立派です。
妊婦や身障者の優先乗船があります。
ベンチに座ってカミさんのカメラX-E1の設定を直していると、
列車でカミさんの寝台に間違って寝ていたサボテン野郎が話しかけてきた。
そのカメラ、いいカメラだと言って、ズボンのポケットから出したカメラが私と同じFUJIのX100。
しかし、ズボンのポケットからはないだろう。
私は大事にカメラバックにしまっているのに・・
でも、列車内のうらみはなくなりました。
意外にいいやつです。
4_201507011509124f9.jpg
ちなみに、写真の真ん中が彼です。
その後ろに立っているオッサンが面白かった。
妊婦の優先乗車のイラストを見て、自分の方が腹が出ているとアピールしていた。
0_20150701150914221.jpg
船の中は、車と人の混在状態。
車に物が当たって、傷がつかないかと、ひやひやしまずか、あまり、皆さん気にしてないようです。
車の傷、神経質に気にするのは、日本人の特徴みたいです。
5_20150701150930a40.jpg
一番前が一等席です。
ちなみに出口もここからです。
15分ほどの船旅ですが、けっこう長く乗っていた感じがします。
みなさん写真撮ったり、観光客も多いようです。
DSCF2942.jpg
7_2015070115093389f.jpg
景色のいい外側が車で、人が中央です。
逆でしょうと突っ込みたくなりますが、乗り降りの際はこの方がスムーズのようです。
8_20150701150934747.jpg
やっと、ペナン島。
バス、寝台列車と乗り継いだ、プーケットからの移動が終わります。
これは疲れました。
始めの予定では、その日の夜、クアラルンプール行の寝台列車で移動を考えていましたが、
これ以上のハードスケジュールは無理です。
10_2015070115095531e.jpg
サボテン野郎と、妊婦のオッサンに別れをつげ、ペナン島上陸です。
ご訪問、ありがとうございます。
いつもの応援クリック感謝しております。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ