旅行写真を上手に撮るコツ教えます

偉そうな題ですみません。
人寄せのために、題を考えてみました(笑)
内容は初心者向けです。
写真の趣味の方は、これから後は、スルーして、最後のボタンを押して帰ってください(笑)
前の記事を作っていた時、ふと思いたったもので、書いてみました。
旅行中の写真をいかにうまく見せるように撮るか。
あくまでも、私の撮り方です。
上手な写真の撮り方の本からすると、邪道になります。
実はわたし、その手の本を読んだことないんです。
というより、私がカメラ始めたときは、そんな本なかったわけで・・
さて本題に入ります。
写真の良しあしを決める大きな要素の一つに、露出があります。
カメラに慣れてない人は、条件がコロコロ変わる旅行中は露出はオートにしておきましょう。
最近のカメラはお利口さんです。任せましょう。
私も旅行中は大体オートにしています。
そして、これに加えて、一つコツがあります。
露出補正です。
カメラ本体に + – と書いているところです。
露出補正は機種によって違いますが、-3.0~+3.0の補正ができます。
これで補正しながら撮ります。
基本的に明るい時はマイナスへ、暗い時ははプラスにします。
どれくらいにするかは、機種によって違いますので、そこは慣れとなります。
私の場合は-2.0くらいは普通にします。
今は液晶が後ろについていますから、一枚撮ってみて確認しながら撮るといいと思います。
それと、食事中などプライベートの場所以外では、フラッシュはオフにしておきましょう。
旅行中、フラッシュ炊きまくりの人がいますが、周りは冷たい目で見ています・・
美術館などの観光地に書かれている中国語の注意書きです。
これに日本語が加わらないようにしましょう。
ぶれ写真になるときは、ISOをどんどん上げてください。
ちょっとカメラに慣れると、シャッタースピード優先と言う方法もありますが、
私はスポーツ写真以外は使いません。
最近のカメラには手振れ防止のため、シャッタースピードの下限を設定できるものがあります。
それを設定しておくといいでしょう。
撮れた写真に物足りない時は、カードを持ってカメラ屋さんに行きましょう(笑)
さらに、お金に余裕のある方はAdobe Photoshop Lightroom
をインストールしておきましょう。
a26_2015070408262660c.jpg
この写真は今書いている記事の一枚ですが、撮ったときの光が強すぎてうまく撮れませんでした。
その時、力になるのがこのソフトです。
このソフトの特徴の一つに明るいところと暗いところの露出を別々に補正できるところです。
あぁ、白とびしちゃったとか、黒潰れしちゃったという写真は、ネットで使うくらいであれば復活できます。
お勧めソフトです。
もっと勉強したい方は次の本が参考になると思います
テクニック本ではありませんが、勉強になります。
ランドスケープ・フォトの極意

この本の中にこんな言葉があります。
適正露出はこころのなかにある
露出計の数字に頼るな

相原正明さんが書いてます。
わたしもこんな感じで写真撮ってます(*^^)v
ということで、これは二回目がありそうですネ(笑)
ご訪問、ありがとうございます。
いつもの応援クリック感謝しております。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村