世界遺産の中にあるホテル コートヤード ヒーレン マラッカ

コートヤード ヒーレン ホテル
コストパフォーマンスのすぐれたホテルであった。
2015ベストバリューホテルとして、トリップアドバイザーから賞を受けています。
値段が6000円ちょっとで、このレベルに泊まれるのはうれしい。
ホテルの場所はヒーレンストリート。
ナイトマーケットで有名なジョンカーストリートの一本南の通りである。
泊まるまでは、街の中心部だからある程度の騒がしさを覚悟していたが、
少し夜が更けると、写真の通り人通りがほとんどなくなる場所にある。
むしろ、寂しいくらいである。
ナイトマーケットが開かれている週末の昼間は、前の道路は大渋滞になるが、
遠くから来ている人が去った後は、こんな感じになる。
時刻としては、午後9時ごろには閑散となる。
1_20150706205459823.jpg
この通りは、マラッカの偉人、ヒーレンにちなんでつけられたものである。
マレーシアは多民族の国である。
本来住んでいたマレー人に、華僑である中国人、
そして、イギリス植民地時代には、プランテーションの労働者としてインドからタミル人がやってきた。
これらの民族は宗教も言葉も違う。
当然、これらの間には文化の摩擦ができ、争いが起こる。
この民族間の間を結んだ人物が、このヒーレンである。
彼は商売人として金持ちであり、そして政治家であった。
そして、この町に住んでいた。
彼の生家もこのホテルのご近所さんである。
1 (2)
このホテルは現在、ホテルのホームページからしか予約できない。
英文でのメールのやり取りになりますが、
グーグル先生の力をかりて、予約をいれました。
儲けより、ホテルのポリシーを大事にしている姿勢が分かります。
沢山あるホテル予約サイトを使えば、宿泊者が増えるはずなのにつかわない。
ウブドの人気ホテル テガルサリ も同じシステムである。
ここと同様ホームページのみの予約で、空きが見つかったら、
即決をするぐらいの気持ちでないとすぐ売り切れるホテルである。
ひょっとしたら、このサイトで初めての姿見せかも。
下の写真、カミさんのを代用してます。
肥満体の後ろ姿が・・・・
2_2015070620550188f.jpg
ホテルに着くと、まず冷たいジュースのサービス。
なんか、日本のおもてなしに通じます。
日本でいうば、ホテルではなく旅館の部類に入ると思います。
ホテルのスタッフはみな若い人ばかり。
夜の守衛さんが一番年寄りです。
小さなホテルだから、小さなところまでサービスしてくれます。
3 (2)
壁の細かな装飾も見ものです。
置いてある調度品も。
昔の生活を忍ばせてくれます。
3 (3)
右にある階段が各部屋につながっています。
大きな荷物だと、ちっょときついかも。
上がったすぐのところがドアです。
部屋鍵がないと入れないシステムとなっています。
3_20150706205517e70.jpg
一見、小さそうなホテルに見えますが、奥が深いです。
中庭が二つ。長い廊下でつながっています。
雰囲気、抜群にいいです。
金持ちの自宅を改装して、ホテルにしたそうですが、
いたるところに歴史を感じます。
4_20150706205518ace.jpg
5_201507062055203e5.jpg
6_20150706205522c95.jpg
部屋はこんな感じです。
少し狭いです。
一番安い部屋にしたのでしかたがないですか、次回はもう少し出そうと思います。
カーテンを開けると、中庭ですが、廊下を通る人から見えるので開けませんでした。
仕方ないです、安い部屋ですから・・・
でも、一番外に早く外に出れる部屋です。
ドア鍵を開けるとき、少しテクニックがいりました。
三度ほど、ホテルの人に開け方習いました。
ロビーが近いので、すぐ呼べました(笑)
7_20150706205515746.jpg
湯沸かしとか、セーフティボックスとか必要なものは揃っています。
8_20150706205534a7f.jpg
シャワールームは天窓からの光で気持ちいいです。
9_20150706205535781.jpg
朝食会場は道路を渡った向かいのレストランになります。
土産物店の奥になるので、ホテルのスタッフに案内されるまでわかりませんでした。
大きくはないのですが、ホテル自体小さいので客も少ない。
東南アジアのホテルとしては、客層が落ち着いてます。
団体客がいないというのが大きいと思います。
10_20150706205537fc4.jpg
メニューの数は大きなホテルにはかないませんが、
味はしっかりしていた、
何より丁寧に作っているのが伝わってきます。
11_2015070620553836d.jpg
12_201507062055321b3.jpg
雰囲気がいいので長居したくなる空間です。
ここに住んでいた人は、この中庭でのんびりした時間を過ごしていたのでしょうね。
京都の町屋に似ているところが多いです。
13_201507062055520d9.jpg
スタッフの笑顔に見送られて、後ろ髪をひかれる思いで後にしました。
このホテルを選んで、ほんと正解でした。
DSCF3235.jpg
立地で選んだホテルでしたが、いろいろ楽しませてくれました。
観光に疲れたら、すぐ帰ってこれるというのも、暑いマラッカでは助かります。
もう一度があるホテルです。
追伸
どうも体調がすぐれないために、筆が走りません。
もっといいホテルなのですが、テンション上がらず終わってしまいました。
では、お帰りは例のボタンからで。
またのお越しをお待ちしております。
ご訪問、ありがとうございます。
いつもの応援クリック感謝しております。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメント

  1. 野宿マン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして、通りすがりの者です。
    筆者は30年前にもバックパカーをされていたとあり、気になって訪問させていただきました。
    文章も落ちついており、どこぞの若い人が書くブログとは違って、ほのぼのとしており読みやすかったです。
    また訪問させていただきます。
    体調が優れないとのことですので、ホテルでゆっくりとお休みください。
    では、ポチッとな♪

  2. tabifuten より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    通りすがりさん、コメントありがとうございます。
    お褒めの言葉、感謝です。
    この記事は下見旅のもので、現在、日本にいます。
    私的には、もっとテンションあげて明るく描きたいのですが、
    ここ数日疲れ気味です。
    またのお越しをお待ちしております。