マラッカの夕陽

沢木耕太郎の「深夜特急」で語られる、マラッカの夕陽。
残念ながら、30年もの月日が経つと、海岸線も変わり、埋立地が沖に伸びている。
少し車で移動すると、いい場所があると聞いたが、それほど酔狂な人間でもない。
しかし、せっかくマラッカに来ているのだから、海に沈む夕日を見てみたかった。
カミさんの提案で、展望タワーの上からだったら見えるのではないかと、
落陽の時間にタワーに乗ってみた。
タワーが上に登るにつれ、遠くが見えてくるようになる。
残念ながら、水平線近くには雲がある。
しかし、陽が傾くにつれ、夕焼けとなっていく。
DSCF3383.jpg
旅しているときの夕陽は心にしみる。
カラスの歌ではないが、望郷の念が強くなる。
旅は楽しいが、帰るところがあるから旅であり、終わりは必ず訪れる。
DSCF3378.jpg
夕陽を見ていると、この町で住んでいる家族の団らんも感じる。
この後、みんな家族とともに楽しい晩ごはんの時を過ごす。
いろいろなところに家があり、家族がある。
そんな思いを強くするのが夕陽である。
マラッカの町並みを見ながら、わずかな時間であったが、マラッカの思い出に浸った。
さあ、帰ろう。
DSCF3381.jpg
DSCF3380.jpg
DSCF3379.jpg
DSCF3375.jpg
ホテルに帰る道すがら、小さな店の前で声をかけられた。
ドリアン食べませんかと。
しかし、そこにはドリアンの姿がない。
話を聞くと、シュークリームの中にドリアンを入れているという。
これだと、臭くもないしいいアイデアである。
一個頂いて食べると美味しい。
しかし、シュークリームの皮が割れた途端、例の匂いが・・・
女主人だけでなく、娘さんも私の顔を楽しんでいた。
635.jpg
637.jpg
マレーシア最後の夜にいい笑顔に出会えた。
この町はまた来るだろう。
年とると、段々夕陽がつらくなりますネ。
さて、今日もボタン一押し、よろしくお願いします。
ご訪問、ありがとうございます。
いつもの応援クリック感謝しております。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ