パリでオープンバスに乗ってみる

今回のパリ市内観光で、結構役に立った市内バスツアー。
オープンバスで市内を回り、各観光ポイントで各々降りて観光。
ちょっと高めの値段設定ですが、疲れ気味のわたしにはよかったかも。
地下鉄で移動する場合、各名所をダイレクトで行けない場合が多いので、どうしても乗り換えになる。
その点、このバスは各名所のバス停に立っていると頻繁にやってきて、次の場所へと連れて行ってくれる。
便数も多く、待つことが少ない。
欠点は、値段ですね。
JCBプラザで少しお安くゲットです。
JCBカード、ディズニーランドに行く以外では持ち歩かないのですが、
時々、お得情報があります。
JCBプラザ、グアム以来です。
それでもまだ高いのですが、まあ、旅行中はタイムイズマネーということで。
12_201507171438519d1.jpg
10_2015071714383353e.jpg
11_20150717143827234.jpg
パリ、オペラ座からスタートします。
旅行で新しい街に行くとまず考えるのが、街のへそ。
ロンドンで言えば、ピカデリーサーカス。ローマで言えば、スペイン広場。
でも、パリと言うとちと困る。
私的には、ここオペラ座がそれにあたるところ。
シャルルドゴール空港から一番安いパリ市内行きバスに乗ると、ここオペラ座に着く。
ここが、パリの第一歩となるところであるからである。
13_20150717143852276.jpg
14_201507171438549fe.jpg
15_2015071714385505f.jpg
まず向かったのは、言わずと知れた凱旋門。
ここの写真としては、渋滞で車に囲まれた凱旋門が撮れればいいなと思っていたのだが、
この時期バカンスシーズンか車は少ないです。
逆に、すっきりした凱旋門が撮れてしまった。
6_20150717143829ad5.jpg
7_2015071714383075b.jpg
8_20150717143832a4d.jpg
シャンゼリゼを戻って、アンバリッドへ。
言わずに知れたナポレオンの墓。
これだけの尊敬を未だに集める人物はほかにいるだろうか。
天才なのか、英雄なのか、それとも・・
比較にならないが、日本で秀吉が未だに存在感を残すのと似ているように思う。
外国に進出しようとしたところも共通点がある。
彼らの本心はなんだっんだろう。
3_20150717143815469.jpg
4_20150717143817c92.jpg
目的地はエッフェル塔。
見えると、なぜか撮ってしまうエッフェル塔。
東京タワーはまず撮ることがないのに、エッフェル塔には反応してしまう。
パリの市内は高い建物がない。
法律で規制されているためだが、
そのおかげでエッフェル塔は街並みに生える。
1_2015071714381316e.jpg
2_20150717143814801.jpg
カミサンの強い願いで、二階建のオープンバスであるが、
パリの空気の汚さを改めて実感。
もし、オープンバスに乗る人がいたら、マスク持参がいいかも。
実際、何人かマスクをしていた人がいた。
フランスの植民地だったホーチミンとパリ、さてどちらが空気が汚いのでしょうね。
今日は、モノクロでお届けしました。
自分的には、モノクロスナップの方がテンション上がります。
いつも、応援クリックありがとうございます。
おかげで、順位も上がってきました。
改めて感謝しております。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

一日一回クリックして頂けると、このブログのランクが上がるしくみになっています。
ご協力よろしくお願いします。