ルーブル美術館は最高です

ルーブルにピラミッドができる前、
入口は、東側、つまりシテ島側がメインの入口であった。
入口は、出口にもなるわけで、疲れたら出口の二階のカフェでくつろいで、
そして、また美術館を見学したものである。
ピラミッドの入り口ができて、中の配置も変わり、
さらに展示物も変わり、今のルーブルは昔の面影がほとんどなくなった。
0_201507180704041c4.jpg
12_2015071807033414c.jpg
11_2015071807033281b.jpg
有名どころの絵の前でシャッターを切ってみた。
すばらしい絵は、カメラのレンズを通しても変わらない。
このレベルの絵を気軽に見れるパリ市民はうらやましい。
8_20150718070349423.jpg
2_20150718070408032.jpg
3_20150718070409756.jpg
4_20150718070410de8.jpg
5_201507180703455e4.jpg
6_2015071807034610c.jpg
7_20150718070348aa7.jpg
今回の旅行で悲しかったことの一つにモナリザがある。
モナリザのある部屋に行ってあぜんとした。
こんな遠くから見ないといけなくなったのかと。
昔、モナリザはもっと小さな部屋に置かれていて、
手が届きそうなところまで近付けた。
自分が移動すると、ずっと見つめているモナリザがいた。
ルーブルの良さは、作品に限りなく近づけれるところが魅力であった。
通路には、たくさんの模写の人たちがスケッチブックを広げていた。
そんな昔の印象が、一気に過去のものとなってしまった。
9_20150718070351f73.jpg
10_20150718070331cc0.jpg
次の写真は、一応ルーブル行ったよと証拠写真的なもので、
半ケツの後ろ姿が私的には好きなものて゛、あしからず。
昔、日本に紹介されていたミロのビーナスの写真は正面からのものだけで
この後ろからの写真は、みんなに見せて喜ばれた記憶がある。
特に、男にですが・・・
哀しいサガです。
混んでいるルーブルは、嫌いなので、朝早くから並んで入場したのですが、
一気に一番と考えていたら、かつてのルーブルとは配置が違っていて、
迷子に。
結局、案内図をもらって探していたものですから、
どうしても観客が入ってしまいました。
でも、ホントに混んだらルーブルこんなものではないですから。
やっぱり、ミロのビーナスいいですねぇ(*^^)v
DSC_3848.jpg
DSC_3849.jpg
この美術館には、いろいろ思い出があるが、
ストライキ中のルーブル美術館に行った記憶は印象的である。
当然入れないのだが、それでも諦めきれない観光客がたくさん、美術館が開くのか待っていた。
その人ごみの中を歩いていると、一人のアメリカ人から声をかけられ、
美術館のストをやめるように要求する交渉団に入ったことがある。
彼は集めた色々な国の人たちとともに事務所に向かい、
事務員と交渉し美術館を開けたことがある。
アメリカの自由とフランスの平等の二つの価値観がぶつかった交渉はいい勉強になりました。
ルーブルって、本当にいいですね、いろんな意味で・・・
今日もお付き合いありがとうございます。
皆さんの応援クリックが更新のエネルギーになっております。
今日もありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

一日一回クリックして頂けると、このブログのランクが上がるしくみになっています。
ご協力よろしくお願いします。