チャオプラヤ川右岸で昔を知る

チャオプラヤ、昔の私はメナム川と習った。
メナムとは川という意味である。
タイに来たヨーロッパの旅人が、
チャオプラヤを指して、名前を聞いた。
その時、これはメナムだと答えたため、
長い間、チャオプラヤはメナムであった。
バンコクの町は、チャオプラヤ川の右岸が栄えていた。
今、バンコクの中心は左岸に移った。
川の左岸、右岸は、海に向かって右手側が右岸、左手側が左岸という。
さしずめ、チャオプラヤの右岸、西側が旧市街、
左岸、東側が新市街というところであろうか。
昨日一日中、旧市街を歩いた。
バスにも乗った。
バスの運転手はたまたまののか、全て年寄りだった。
車掌もである。
70位の爺さん運転手の足は裸足であり、
大きく広がった左足ががっちりクラッチを握っていた。
足で握るとは変な言葉だが、
手のひらならむ、足ひらで、
クラッチを握っているのである。
足の指が手の指のように動いていた。
ギアを切り替えるたびに、足の平がクラシックを掴む。
その動きが面白く、
降りる停留所を乗り過ごしそうになったくらいである。

カミさんと二人で食堂に入った。
子供達は疲れているようなのでホテルで留守番である。
子供達がいると食べれないものを頼んだ。
ホルモンの煮込ラーメンというものであろうか、
鶏肉の内臓や足をよく煮込んで、その出汁と共に麺を食べるものである。
見かけは悪い。
しかし、今までの経験からこれは美味しいと判断した。
食べてみると、味がレバーや脚にしみ込んでうまい。
豚足煮込みの鳥版というものである。
脚のゼラチンがプルプルです。
スープは肉うどんに似ています。

食べ終わると、店主が話しかけてきた。
言葉は分からないが感想を聞いているようである。
あまり外国人が入る店ではないようである。
うまい、美味しかったです
と、日本語で答えると話が通じたようで、
満面の笑顔を返してくれた。

ここに来て、やっと旅が始まったようである。
しかし、もう帰る日が迫っている。
子供を連れての旅には制限がある。
どうしても安全を優先させている自分がいる。
なかなか悩ましいところです。
お付き合いいただきまして、ありがとうございます。
今日も、ポチリ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
一日一回クリックして頂けると、このブログのランクが上がるしくみです。
ご協力何卒よろしくお願いします。