韓国の焼肉ついて、考えてみる

我が家には18歳の老猫がいます。
歯が4本しかなく、やわらかいキャットフードを食べています。
朝、フゥフゥという小さな声が聞こえてきました。
声を探してみると、猫トイレから聞こえてきます。
その声が1分以上続きました。
猫トイレで、死んでしまうのではと心配しましたが、
お尻にうんこをつけて出てきました。
どうも固いうんこなので、ふんぎれなかったようです。
最近、朝起きると、床に猫のうんこが転がっていることが増えた今日この頃です。
将来の自分を見ているようで辛いです。
その猫のバナーがこれです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ウンコの話しの後、焼肉の話はしにくいのですが、お付き合いください。
昨日の続きですから、韓国の話しです。
まず、お写真です。
DSC_2341.jpg
DSC_2343.jpg
DSC_2352.jpg
うまかったです。
安かったです。
食べざかりの子供三人を含む五人で、五千円ほど。
当然、ビール代込みです。
タレが出てこないので、尋ねると、
岩塩と味噌で食べるようにとのこと。
これを食べに行くだけで、もう一度韓国行く価値あります。
m.jpg
店の外の写真がないので、ストリートビューの写真をお借りしてます。
右のビルが昨日載せた、バビエンⅡです。
場所は、韓国の警察庁の近くです。
タクシーに乗って、「警察庁」
目印は、機動隊の車がたくさん止まっている歩道沿いの焼肉屋です。
店の前で、炭おこしているので分かります。
で、別に店の説明をするために紹介したわけではありません・
ここで食べた肉についてです。
焼肉と言うと、牛肉をまず考えますが、
私的には、焼肉のメインは豚肉と思うのですが・・・
そもそも、韓国の焼肉が流行りだしたのは、米国の軍隊が駐留してからです。
たくさんの肉が米国本土から送られてくるだけでなく、
韓国国内で牛の飼育が奨励されたとのことです。
餌は、米国から送られてきます。
そして、出来上がったのが焼肉文化です。
実は日本でも同じようなことがありました。
日本がまだ貧しい時代、米国は脱脂粉乳と小麦粉を日本に支援しました。
優先的に子供たちに使われ、給食はパン食と牛乳という仕組みが出来上がりました。
そのため、日本では、米ではなく、パン食と牛乳文化が浸透しました。
今、小麦は米国から輸入され、そして、乳牛の餌はやはり米国から輸入されています。
そして、どちらの国も米国なしでは生きれない国になりました。
今日の我が家の夕食です。
瀬戸内で取れた、鯛とハマチとサユリの刺身と、
アジから作ったさつま汁です。
さつま汁、愛媛県以外の人は、伊予さつまとよびます。
1592.jpg
1593.jpg
1594.jpg
昭和初期の日本の夕食はこんな様子だったと思います。
田舎では、こんな感じで残っています。
地産地消、できるだけ努めたいと思うのですが、
今の日本では、毎日は大変です。
子供たちは、やはり肉が好きです。
昨日のロールキャベツは完食でしたが、
本日は少し残りました。
勝った気分で、逆に満足です(笑)
夏風邪ひいたみたいで、朦朧とした頭で作りました。
焼酎の湯割りで朦朧としている
不出来はご容赦を。
下のポチリ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
一日一回クリックして頂けると、このブログのランクが上がるしくみです。
ご協力よろしくお願いします。