下手な英語が引き起こしたトラブル

ANAのカレンダーをめくった。
9月はドイツ。
場所はケルンです。
初めてケンタッキーのナゲットを食べたところです。
時は、今から30年前。
24時間テレビで走った人の爺さんが大蔵大臣の時です。
プラザ合意の前です。

店で注文が終わった後、店員がいろいろ聞いてきます。
何回も丁寧に言ってくれるのですが、理解できません。
最後に店員はしびれを切らして、カウンターの上にあった、
ケチャップやマヨネーズなどの調味料をすべて袋に入れて渡しました。
言葉が分からないと、ナゲットすら買えません。
というより、システムが分からないと買えません。
日本で田舎に住んでいる者の宿命です。
我が町に初めてマックができたとき、行ったときのことです。
店はすいてました。
4人で行って、テーブル座っていたのですが、注文を取りに来ません。
しばらくして、周りの様子見て、やっと理解できました。
田舎者はつらいです。
私の初マックはジュネーブです。
列に並んでハンバーガーまでは注文できたのですが、
その後が進みません。
1分くらい、何度も、店員の言葉を聞き返したのち、
コーラに大きさがあるのに気づきました。
私の街では、コーラと言えば、一種類でした。
S M Lなんてのは、ありません。
ナゲットを買った店は、大聖堂の近くから伸びる古いアーケード街にありました。
いまもあるのでしょうか。
来年にはケルンに行けるかもしれません。
変に思われるかもしれませんが、私にとってケルン大聖堂よりナゲットの方か大事な思い出です。
そのあと、ホテルに帰って、買ってきたワインを飲みたいので、
フロントでコップを頼みました。
部屋にコップすらない安ホテルです。
後でね、と言ってから、なかなかコップが部屋に届きません。
フロントに行くと、もう少しするとタクシーが来ると言われました。
コップをかっこよく、カァ~プと言ったために、車をよんだようです。
フロントのおばさんは笑いながら、これは「コップ」と言って渡してくれました。
恥ずかしい思い出です。
でも、円が1ドル200円以上の時代ですから、支払いは結構こたえました。
新しい町に着くと、すぐiマークを探して、ホテルを頼みました。
.3000円くらいの予算でお願いしていた記憶があります。
バジェットという単語を最初に覚えました。
地図もそこで手に入れていました。
地球の歩き方は初版が出ていましたが、
楽しいくらい役に立ちませんでした。
なぜ楽しかったかと言うと、間違いを見つけてはがきに書いて出すと、
新しい地球の歩き方がもらえたり、記事の下に名前が載ったりしていました。
今はネットで検索するといろいろ出てきます。
日本の旅人おすすめホテルもあります。
楽な時代がやってきました。
日本円も高くなりました。
私の若いころと比べると二倍の価値があります。
皆さんが頑張って働いて日本の力をつけたおかげです。
いま、旅行に行かなくて、いつ行くという時代です。
休みも取りやすくなりました。
昔も年休は取れていたのですが、心情的には大変でした。
旅から帰ったとき、年配の先輩達に囲まれて、恫喝されたこともあります。
みなさんの職場、年休取りにくい雰囲気ありますか?
何かドイツの写真を載せたいのですが、デジタルの時代になってからの写真といえば、
フランクフルトのトランジットのものしかありません。
ご容赦ください。
681.jpg
ということで、今の時代を謳歌したいと思っています
下のポチリ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
一日一回クリックして頂けると、このブログのランクが上がるしくみです。
ご協力よろしくお願いします。