天安門広場から故宮、紫禁城へ 写真日記

中国の空には、赤い旗が似合います。
いい風が吹いています。
風が吹くと、青空になります。
凧も気持ちよさそうです。
1_201509160730274c7.jpg
3_2015091607303019c.jpg
4_201509160730310df.jpg
それを狙う女性のカメラマン。
私が撮っていたのを見ていたようです。
5_20150916073014902.jpg
天安門。
迫力あります。
歴史の重みが迫力を増します。
6_20150916073015fb7.jpg
毛沢東。
いろいろ評価が分かれますが、傑出した人物であったことは皆認めるところです。
毛沢東の前は蒋介石だった。
歴史の流れの中、今度は誰になるのでしょうか。
こんなこというと、中国から石が飛んできそうですが、
中国3000年の歴史の中では、飾られてからの期間は短いものです。
7_2015091607301682c.jpg
端門。天安門と午門の間にある門である。
8_201509160730188cc.jpg
午門をはいると、
芥川龍之介に「夢魔のみ」と言わしめた紫禁城となる。
明と清はここを皇居とし、皇帝独裁を強めていった。
そして、ここは権威の象徴して存在した。
9_201509161759439b0.jpg
この午門。現存する城門としては世界最大のもの。
10_0.jpg
午門をぬけると、大和門広場に入る。
11_20150916175946134.jpg
12_20150916175942b47.jpg
13_201509160730021ed.jpg
大和殿は紫禁城の正殿である。
場内最大の木造建築で大理石の基壇の上に建てられている。
14_201509160730048b7.jpg
15_20150916073005799.jpg
棟の先端部分にある仙人走獣がみられる。
これは、魔よけのためのものである。
16_201509160730077e5.jpg
中和殿のなかには、王座がおかれている。
17_201509160729514b9.jpg
大和殿の基壇の上からはすばらしい建物が俯瞰できる。
18_201509160729536df.jpg
19_20150916072954f56.jpg
20_20150916180010c24.jpg
21_20150916072940ecf.jpg
22_2015091607294107f.jpg
乾清門の左右に突き出ている高い壁は照壁と呼ばれる。
赤色の壁面には瑠璃装飾がほどこされている。
23_20150916072943dd7.jpg
23_0.jpg
24_20150916072944b5d.jpg
乾清宮は明時代は皇帝の寝室であったが、清時代になって、政治の場となった。
25_20150916072926e5e.jpg
26_2015091607292874a.jpg
27_201509160729290b7.jpg
28_20150916072925577.jpg
乾清殿の宝座は人気がある。
なかなか写真を撮るのは大変である。
29_20150916072913a18.jpg
紫禁城内の建物は黄色のうわぐすりが使われている。
この黄金色が皇帝の威光を象徴するものである。
30_201509160729194bd.jpg
御花園に入ると、緑が現れる。
いままでの無機質な風景から変わり、
花も多く植えられており、ここだけは有機質を感じることができる。
31_20150916072919c75.jpg
神武門。やっと出口です。
いや、入口かもしれません。
ツアー客の多くがこちらから入ってきています。
32_201509160729198fc.jpg
写真中心でお届けしました。
こんな有名な観光地なの、調べてみたら意外にネットに載っている写真少ないですね。
たぶん、広すぎて、写真撮っていたら前に進まないのでしょうね。
ツアーで行ったりしたら、説明きいているだけで、写真撮るどころじゃないでしょう。
とにかく、広いし、写真撮るものが多すぎです。
行く前のイメージとは全然違っていて、想像を超える大きさに疲れました。
もっとたくさん撮っているのですが、この辺でご勘弁を。
見てくれた方、お疲れ様でした。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。