宇和海をさらに南に進むと石垣の里に着きます

遊子水荷浦

宇和海は山が海に迫っているので、平野が少ない。そのために、石垣を使って畑を山の上まで作ります。

遊子水荷浦では、ジャガイモ畑が山頂まで作られています。

周りの海は、ブリやタイの養殖がおこなわれていて、一つのいけすで1000万円以上する魚が泳いでいます。

DSC_8454

DSC_8459            DSC_8443

DSC_8434

須ノ川公園

さら南に住むと、須ノ川公園。キャンプ場が整備されていて、休日ともなるとテントがたくさん立ちます。料金はほぼ無料と言っていいほど安く、場所も早い者勝ち。ゴールデンウィークともなると立てるところが無くなるほどです。また、ここはすぐ横に温泉があるのが人気の理由です。

e0117096_1064921

e0117096_1911678         e0117096_107112

愛南町

そして、愛媛県の南端部、愛南町に入ると、ぐっと亜熱帯の雰囲気が漂ってきます。

高茂岬への半島が宇和海に伸びており、この付近が観光の中心地となります。

DSC_6910

DSC_6010

宇和海展望タワー

DSC_6919

半島の付け根付近には、戦時中に墜落した、紫電改が展示されており、その横には回転展望台もあります。

DSC_6912         DSC_6913

DSC_6915

いたるところに漁村が点在していて、近くのスーパーの刺身の惣菜は信じられないくらいの安さで売られています。さらに、取れたてです。この付近の民宿に泊まると、とんでもない海の幸が並びます。

ちなみに、ここではマグロの養殖もしています。

e0117096_20193310

e0117096_20193173            e0117096_17453975

サンゴ礁の遊覧船

観光の目玉として、サンゴ礁の遊覧船があります。透明度が高いと色鮮やかな魚を見ることができるのですが、見る前に船酔いのため、見るところまで至りませんでした。

DSC_6106DSC_6086      DSC_6074

DSC_6088

石垣の里

さらに、進むと石垣の里に着きます。石垣の上に集落が並び、今は整備され、観光地となっています。

DSCF1359

e0117096_16433315     e0117096_16433471   DSCF1350

e0117096_175738

DSCF1368

高茂岬

半島の突端が、高茂岬 となります。猿のお迎えがあります。ここだけでなく、沖合の島まで野生の猿が生活しています。気を付けないと、車の中まで入ってきて食べ物を盗んでいきます。

ここで食事するときは、猿にご用心です。

DSC_6931

e0117096_16433262    DSC_6030     e0117096_16433249

この付近は磯釣りのメッカでもあり、50センチ級の魚が普通に釣れます。磯渡しの船を使わず、ロープでロッククライミングで降りていく猛者もいます。

DSC_6947         DSC_6946

DSC_6945

とりあえず、愛媛の旅はこれにて終わりにします。やっと、愛媛から脱出。

次は高知となります。