四万十川を遡る

四万十川。日本一の清流として知られていますが、それよりも、自然が残っている川と言った方がイメージが出ると思います。日本の川だと、両岸に堤防が目立ちますが、四万十川にはあまり堤防が作られていません。あったとしても、コンクリートでできたものは少ない。

昔ながらに流れている川。それが四万十川の魅力とも言えます。

3

沈下橋

四万十川を有名にしているのが、手すりのない沈下橋。下流から上流にかけてたくさんの沈下橋が残っています。道幅は車一台が通れる幅しかありません。離合待ちのときは、橋の手前で待つこととなります。

1  5

4

6

川の流れが緩やかなこともあり、初心者のカヌーの練習にはもってこいの場所です。さらに景色がいいですから、都会からのカヌー愛好者がたくさん訪れています。

7 8 9

道の駅「とうわ」

四万十川をさかのぼって、最初の道の駅が「とうわ」となります。ここのおすすめは川エビと川ノリ、そして、天然ウナギです。特にウナギは貴重で限定販売となっています。すぐに売り切れとなります。

10

12  13

11

15

14

16

焼酎の街、大正町

ここから少し遡ると、焼酎の街、大正町となります。ここの栗焼酎、ダバダはいまやブランド化しています。焼酎銀行なる、ちょっとおふざけのお店もあります。

17 18

19

この町から、大きく二つの川に分かれますが、本流の方を先にさかのぼってみます。

四万十川は流れが緩やかなためか、上流に行っても川幅があります。窪川をすぎると少しずつ山の中に入るので川幅が狭くなります。

20

21  22  e0117096_1757366

天満宮前キャンプ場

大野見までのぼると、川を歩いて渡れるくらいになります。ここの天満宮前キャンプ場はキャンプ通には知られたところ。自然のままのキャンプが楽しめます。川釣りも楽しめますし、なにしろ予約なしで泊まれる貴重なキャンプ場です。また、シャワーやトイレなど、必要最低限度の設備も整っています。

23

24  25

そして、本流最後の沈下橋となります。

26

27

この後、川は狭い谷を源流までさかのぼることとなります。

e0117096_1681020

さて、今度は梼原を流れる支流です。狭い谷間をさかのぼります。この道は「酷道よさく」とよばれる国道439号線で、狭いうえにカーブばかりでなかなか前に進まないところです。そのおかげで自然はたっぷり残っています。

e0117096_1681428 e0117096_1675513 e0117096_16834

e0117096_16803

龍馬脱藩の道

梼原の盆地に入ると、明るさが戻ってきます。この町は龍馬脱藩の道を町おこしの材料にしており、それに由来するものがいろいろあります。かつて、NHKで龍馬伝が放送された時はたくさんの観光客でにぎわいました。いまでも、坂本龍馬の人気は根強く、観光客を集めています。

e0117096_2041254

e0117096_2040566

e0117096_20503579    e0117096_20504858

ここから、愛媛へ続く脱藩の道は、山を登ることとなります。棚田が続きます。

e0117096_18201386

e0117096_2022568   e0117096_213046

この山の上は四国カルストとなります。四万十川の水がきれいな一因に、石灰岩にしみ込んだ地下水が源流になっていることもあります。