夢と終わった世界一周旅行

入院生活ももう半年。

NewImage

 

まさか定年の年にこんな長い入院生活をするとは思ってもいなかった。

定年退職とともに出発できるように航空券やホテルの予約はある程度は済ませていた。

行程は、メキシコをスタート地点として、日本を経由して、中国内陸からウズベキスタン等を経由して、トルコ。

そして、バルト三国から南下してドイツ等を経由してイタリア。南フランスを通りスペイン。

そこから南米に移り、パタゴニアやウユニ塩湖、マチュピチュなどの定番の観光をしてメキシコをゴールというものであった。

行程の中には既に行ったオーストラリアや東南アジア、インドは省き、さらに年寄りにはきついアフリカも省いている。

そして、残念ながら病気持ちの私には定期的に病院に通わないといけないので、数ヶ月おきに日本に帰らないといけないという条件のもとで作ったものである。

そのため、次の四回の行程に分けて予定を立てていた。

  • メキシコ周遊(3月下旬から4月)
  • 中国ウルムチからウズベキスタンに抜ける(4月下旬から5月)
  • トルコを起点として、バルト三国から南下、イタリア周遊して、スペインへ(6月から7月)
  • 南米周遊(未定)

そのうち前半の2回分までは、航空券とホテルの手配は終わらせていた。

そのため、入院のため中止したので、キャンセル料等20万円ほどの痛い出費となった。

 

体力が回復したら、再度トライしたい行程なので、具体的な行程を忘備録として残しておくことにする。

第一回目 メキシコ旅程

航空券は、松山発着で、ヒューストン経由、オアハカ入り。

帰りは、カンクンからロサンゼルス経由で日本へ。

航空会社はANAで、値段は半年前に予約したので一人分が15万ほどで買えた。

メキシコ国内は、LCCを予約していた。これは全て全額キャンセル料として持って行かれたのできつい出費となった。

LCCはInterjetを使って移動予定であった。日本から予約する際に、日本発行のカード払いはできなかったので、Paypalを使って予約した。

これには、結構わかるまでに苦労したので、もし予約で悩んでいる人がいたら、Paypalをお勧めしたい。東南アジアでバス予約する際にも役に立つアイテムです。

ちなみに、損金はアメリカドルで450ドルほどである。

区間はオアハカ〜メキシコシティとメキシコシティ〜カンクンの2区間、二人分である。

メキシコ国内を移動する場合、下手するとバスより安くなるのでお勧めです。

 

ANAの分は、キャンセル料として一人3万円だったので、我慢できる範囲である。

 

ホテルはオアハカでは、ホテル トレボレ を予約していた。一泊mxn950 日本円として5400円ほどである。

市場のすぐ横にあり、ソカロにもワンブロック、部屋もきれいで次回行くことがあったらここに泊まる予定である。

オアハカの後、interjetでメキシコシティに移動予定であった。

 

メキシコシティのホテルはPlaza Revolución Hotel。

市内の中心部にあり近くに日本人宿も多い便利なところにあるホテルである。

近くに屋台街があるので安く食事するのにも便利なホテルとして予約した。

予約はカミさんがしたので私のメールボックスに記録が残っていないが、一泊料金が7000円くらいだったと記憶する。

メキシコシティの後はカンクンに移動であるが、カンクンのホテルに泊まるのは最終二日だけで、プラヤデルカルメン、トゥルム、メリダで泊まりながら、レンタカーを使って回る予定であった。

最終カンクンの海を見渡せるホテルで終わる予定であった。

残念ながら、夢と終わった次第である。

ちなみに、カンクンのホテルはキャンセルが遅れ、全額キャンセル料取られたことがキャンセル料を膨らませた大きな原因でもある。

キャンセル無料期間の記憶間違い、結構泣いてしまった。

入院中でもあり、なかなかキャンセルできなかったのもあるが・・・

以上、メキシコの夢の忘備録である。

次回に続きます。