しまなみ海道・・・旅行記は四国から出ることにします

他の県の方からすると、贅沢な橋が広島から愛媛にかかっています。

どうして四国に3箇所の橋が必要なのだともよく聞きます。

しかし、愛媛県人にとって貴重な観光資源をいただいたと感謝しています。

最近では、橋を封鎖して、サイクリング大会を開くなど、多くの人が自転車で訪れるようにもなっています。

他の橋は自動車専用道路になっているので、人も、自転車も渡ることがてきませんから。

まだ、私は車でしか渡ったことありませんが、すごい道のりです。

今治から大島への来島大橋が一番長い橋になりますが、これを渡るだけでも価値があります。

13893709377 788415e961 z

 

13897482910 c228f6f847 z

 

この橋の後、小さな島々をつなぐ橋が続きます。

14087479561 fb5b024ccd z

14113598563 0905b5785d z

大島と伯方島の間は急流が有名で、潮の満ち引きの時に川のように海がなります。

E0117096 1533138

E0117096 15332690

E0117096 15333326

この海の厳しさの中で、この付近は水軍の力が強いところでもありました。その関係もあり、大三島島には、戦国の時代から武将の信仰の厚い、大山祇神社もあります。

E0117096 22191627

 

E0117096 2219878

写真に収めることはできませんが、たくさんの鎧や刀剣が寄進されています。

この大三島を過ぎると広島県となります。その間にある橋が多々羅大橋。

私の一番好きな橋でもあります。

13908113619 bacb6b5cd2 z

特に夕日の時はは格別です。

この橋を渡ると広島県、生口島となります。

この島の出身の平山郁夫氏の美術館がオススメです。

E0117096 141678

H17 inten image hirayama

Imgd6ca4a7dzikbzj

 

一度はどこかで見たことのある絵画が収められています。

この島の後、因島、そして、尾道へと橋が続きます。

E0117096 17485651

 

 

 

続きは尾道編にて