オリンピックで柔道の試合を観戦して思うこと

昨日、柔道の代表選手団がリオデジャネイロに向けて出発した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00050092-yom-spo

この記事で嬉しかったのは、山下泰裕さんが選手団の副団長として参加していたことです。

前回のロンドンオリンピックでは、私人として一般客に混じって応援している姿を見かけました。

ちょうど入場する列の前に山下さんが並んでいたので、以前仕事でお世話になったこともあったので、お礼方々少しお話しさせていただきました。

話した後、隣に並んでいたブラジル人が私に、「ゴッドか?」と聞いてきました。

そうだと答えると、興奮気味に握手とサインを求めていました。

神様と慕われる彼は一般の人に混じって静かに応援していました。

その彼と一緒に応援した試合が、次の試合です。

写真を見ていただけると思い出す人も多いとおもいます。

E0117096 19482057

E0117096 1948274

E0117096 19493321

E0117096 1951395

E0117096 1951715

E0117096 1953095

E0117096 19511119

E0117096 19564951

今年も代表に選ばれた松本薫選手の試合でした。

野獣などと、女性としてはに使わないあだ名が付いていましたが、確かに試合にかける迫力はすごかったです。

ただ、少し残念だったのは柔道会場の応援の少なさ。

お家芸といわれるこの種目ですが、日本人の応援は少なかったです。

目立ったのは、フランスを始めとするヨーロッパ勢。

すでに競技人口を考えると、柔道の盛んな地域はヨーロッパに移っているようです。