松江にて小泉八雲の世界を味わう

NewImage

NewImage

松江の街も三回目ですが、

前回からぐっと都会になっていた。特に駅周辺。
城の周りは昔のとおりであるが、なんとなくこ洒落た感じに。

街中なのに、高いビルもなく、昔の京都のような落ち着いた街並み。

ちょっと見直しました。

それとも、私の歳が街に近付いたのかも・・

食事は小洒落た店を見つけたので、飛び込みで入ってみました。

観光地にありがちな手抜き料理でなく、しっかりとした、さすが小京都というものに出会えました。

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

松江大橋をお城側に渡ったところにあるちいさな居酒屋、「馬やど」。

美味しかったです。

和菓子はさすがです

NewImage

NewImage

松江のお宿の名前は、大橋館。

いい感じの宿だったので、ちと宣伝。

雰囲気はレトロで、昭和のイメージ。

外人さんだったら、大喜びの感じ。

お迎えは、琴の演奏と抹茶の接待。

いやぁ、最近、そんなお迎えなかったもので、子供たちは興奮気味。

NewImage

NewImage

お部屋は、宍道湖を眺める和風。

働いている人は、みんな落ち着きのある方ばかりなので、宿の中にリラックスムードがあります。

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

NewImage

良かったのは、朝食。

シジミの味噌汁、三杯いただきました。

で、料金は5人で2部屋取って、総計29100円。

一人当たり、6000円切ってます。

安いでしょ。夕食付いてないですが・・

ちなみに、ここ英文サイトで予約すると、300ドル越えます。

ご主人も、西洋の方のようで・・・

ちと、小泉八雲の世界です(笑)