夢の大吊り橋を渡ってみた

九重夢大吊り橋

夢の架け橋というか、そもそもこんなところに誰が橋を架けようと思ったのか。

目的は観光客誘致とのこと。

町おこしの一環である。

それにしても資金はどこから調達したのだろうか。

かなりの苦労が想像できる。

この付近は紅葉の名所という。

その観光客目当ての建設というが、それ以外の季節に観光客は来るのか・・

という自分も季節外れも、それも雪が舞う天気の中訪れた。

寒いです。

橋を渡って戻ってくるだけの観光です。

渡りましたとの実績作り。

そもそも私は高所恐怖症。

   

遠くに滝が見えます。

確かに紅葉の季節だといい景色です。

しかし、冬は・・

余計に寒々とします。

足元も寒々と・・

震えがきます。

対岸に到着です。

また戻ります。

足元に震え、寒さに震えた観光が終わります。