オレンジフェリー の特等で前泊

田舎に住む者の宿命。

国際線の出発が早いと前泊をしないといけない。

今回のベトナム行きの飛行機は午前9時半。

早朝、家を出ても間に合わない。

そのためにはどこかで泊まらないといけない。

いつもは関空の近くのホテルに泊まるのだが、今回は船で泊まることとした。

そして、路線バスの旅から始まった。

 

家を出発したのは夜の6時。

二つバスを乗り継いで、着いたところは東予港。

約二時間かかった。

そして、そこに待っていたのは・・

オレンジフェリー 。

愛媛の東予港と大阪南港を結ぶ船である。

船の中は・・

ホテルのようになっている。

部屋は特等から一等、二等と分かれる。

今回はホテルに泊まる予算を船に使った。

特等である。

ホテルのツインルームと同じである。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

料金は二人で20000円ほどかかるが、船の会員になっておけば二割引。

16000円で乗れる。

ホテル代と船賃の両方と思えば高くない。

特等専用のラウンジもついている。

船には大浴場もあり、のんびりできる。

しかし、残念ながら、私は傷の治療中のため入れなかった。

カミさんだけが、風呂を楽しんだ。

その間、私はレストランで晩酌。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

この船のレストランは美味しい。

そして、安い。

つまみがずらりと並ぶ。

生ビールも当然ある。

自動販売の生ビールの機械。

500円玉を入れるとコップに注いでくれる。

カミさんと合流し、ある程度飲んだところで場所換え。

特等専用のラウンジへ・・

ビールだけでなく、日本酒も。

酒浸りの旅が始まった。

フェリーの中での目覚めは四時半だった。

ベットの寝心地はいいのだが、やはり船の中。

エンジン音が響く。

起きているときはそれほど気にならないのだが、横になると体に響く。

夜中度々目を冷ました。

目覚めてすぐに今どこを走っているか、グーグルマップで確認。

ちょうど明石大橋の手前であった。

窓のカーテンを開けて外を見るが真っ暗。

遠くに街の灯りがちらほら見えるくらいである。

橋はどこかと、目を凝らしていると・・

黒い物体が上を通過した。

ライトアップされていない橋は、真っ黒な物体。

通り過ぎると、かすかに橋の様子がわかった。

その後、船が大阪に近づいているため、目覚ましの音楽が船内で流れ始める。

寝るのは諦めて、混む前にトイレへ。

船のトイレは綺麗に掃除がされていて気持ちがいい。

その後、案内所でコーヒーを買う。

ちゃんと豆を一杯ずつ引いて入れるコーヒー。

一杯200円と良心的である。

部屋に帰ると、カミさんも目覚めていた。

コーヒーを飲んだあと、降りる準備である。

船は到着後も8時まで船内にいることができる。

のんびり朝ごはんを食べて降りたいところだが、関空行きのバスが港で待っている。

乗り換え時間30分。

結構慌ただしい。

夜明けは関空行きのバスの中であった。

↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

シェアする