早起きして、ビェンチャンの街を歩いてみる

スポンサー


IMG_0496.jpg

別に無理して、早起きしているのではないのだが、

日本と二時間の時差があるうえに、私は日本では五時に起きるときが多い。

ということで、旅行中、朝の時間はたっぷりある。

e0117096_12462929.jpg

暇なので、ぶらぶらとビェンチャン市内を歩いていると、

たくさんの軍服を着ている人が、ばあちゃんの屋台を取り囲んで、

なにやら、スープをたくさんビニール袋に入れてもらっている。

珍しいので、何かと見ていると、なんとまったく日本と同じうどんが入ったスープである。

これは、軍服の人たちの朝ごはんになるらしく、

この人たちに尋ねると、近くの建物のの入り口のテーブルで食べて行けと言う。

e0117096_12464238.jpg

さっそく頼むに、ホルモン煮込みうどんと名付ける。

スープの中に、長い間煮込まれたホルモンがたっぷり入っており、

さらに中国でみかける血を固めたカンテンもたくさん入っている。

お値段は日本円で50円。

ラオスで食べた料理でこれが一番美味しかった。

絶品です。

日本で売ったら、バカ売れです。

ばあちゃんの腕、すごいです。

e0117096_12465552.jpg

で、場所はThat Damのあるサークルです。

後で地図見たら、この軍服の人たち、アメリカ大使館の人たちでした。

で、私達が食べたところはアメリカ大使館入り口にあるテーブルでした。

↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
今日もクリックありがとうございます



スポンサーリンク

シェアする