アンコールワットの定番

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

blog_import_4c6228a978766.jpg

アンコールワットで必ず撮る場所。

画像検索すると、いくらでも同じ写真が出てきます。

でも、撮っちゃいます(笑)

撮るだけで、載せなきゃいいのにと思われるでしょうが、

やっぱり載せてしまう人の性。

せめて、おねえちゃん入りを載せておきますので、ご勘弁を m(__)m

性懲りもなく、大きいのを張り付けております。

クリックでもしてやってください。

blog_import_4c6228e2d6802.jpg

blog_import_4c6228e3eb6a0.jpg

遺跡巡りは、まず暑さ対策から。

真昼は観光避けた方が賢明です。

歩く距離が半端じゃない。

現地の人は、大きな木の下で涼んでいます。

遺跡の感想はと問われたら

 

とにかく暑い。

と答えます。

 

blog_import_4c6228a44f506.jpg

 

blog_import_4c6228a2e8f07.jpg

アンコールの遺跡巡りをしていて困るのは、暑さの次は物売り。

暑いのはしかたないが、モノ売りは暑い中動いていると、だんだんウザく感じてくる。

物売りの多くは、アンコール遺跡のポストカードや写真集である。

「どうしてこんなに安いのに買わないのか信じられない」といわれることが多い。

そこで、私は次のように答えていた。

カメラを見せて、

「私は日本で有名なカメラマンである。だから、買う必要はない。」

相手もそれくらいではひるまず、

「名前は何と言うのか。」

聞いてくる。

私は答える。

「名前はフーテン。」

相手はしばらく悩んで、

「知らない。」

と答える。

 

そこで、私は言う。

「フーテン。覚えておくように。日本では有名だから。」

大体は怪訝そうな顔をしながらも諦める。

しかしすぐ後、別のものを買わないかと勧めてくる。

さすがである。

 

blog_import_4c6228e597437.jpg

 

このおばさんの横にいた人は、さらにすごかった。

1ドルで私を撮らないかと。

おばさんである。おねえちゃんではない。

お互い笑って撮らずに分かれた。

今から考える撮っておいてネタに良かったと思う。

時は翌朝、サンライズはアンコールワットはこの遺跡の一大イベントである。

 

blog_import_4c6228fb786b8.jpg

朝5時に起きた人たちが次々に集まってくる。

ひょっとして昼間の数より多いのではないかと思われる。

今の時期は雨季。

なかなか朝焼けのアンコールワットには出会えないが、

夜明けのアンコールワットは一種独特の雰囲気である。

そのなか、アンコールワットの中の寺から、多くの托鉢の僧侶たちが出てくる。

 

blog_import_4c6228fc624ca.jpg

撮影はISO6400でしているので、明るく見えるが、

実際は薄闇の中を出掛けて行く。