アンコールトムに惑う

スポンサー


城砦都市アンコールトム。

アンコールトムは一辺3kmの堀と、ラテライトで作られた8mの高さの城壁で囲まれている。

外部とは南大門、北大門、西大門、死者の門、勝利の門の5つの城門でつながっている。各城

門は塔になっていて、東西南北の四面に観世音菩薩の彫刻が施されている。

Wikipediaより


blog_import_4c62289662af7.jpg

アンコール遺跡の写真は行く前にいい写真を見すぎました。

あの暑い中の撮影、みなさん頑張ったんだなぁと感心。

この写真はアンコールトムのバイヨン。

体力的に限界のとき、ふと振り返るといい光が入ってました。

以下、モノクロでお届けします

南大門

e0117096_17121811.jpg

e0117096_17123378.jpg

バイヨン

e0117096_1738163.jpg

e0117096_173510100.jpg

バイヨンを特徴付けているのは、中央祠堂をはじめ、塔の4面に彫られている人面像(バイヨンの四面像)である。

人面像は観世菩薩像を模しているというのが一般的な説である。

しかし戦士をあらわす葉飾り付きの冠を被っていることから、ジャヤーヴァルマン7世を神格化して偶像化したものであるとする説も存在する。

この象はクメールの微笑みと呼ばれている。
Wikipediaより

バイヨンの中で、レリーフを探します。

光の当たり方が大切です。

露出等、カメラの腕が試されます。

e0117096_19352447.jpg

e0117096_19351523.jpg

王のテラス

本来であれば、ゆっくりここにたたずんで周りを眺めるのですが、

雨季だというのに、この青空。

嫌と言うほど、太陽が照りつけます。

肩で息をしながらの遺跡巡りで、

頭の中にホテルのプールがちらつきます。

e0117096_8235867.jpg

e0117096_82496.jpg

それにしても、私は晴れ男である。

雨季だというのに、一度も傘は必要にならなかった。

↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
今日もクリックありがとうございます



スポンサーリンク

シェアする