トンレサップ水上生活の村 

スポンサー


トンレサップ湖。
東南アジア最大の湖であり、クメール語で巨大な淡水湖 (sap) と川 (tonle) という意味がある。世界最大規模で水上生活者が生活しており、1ブロック1万人、100ブロック100万人以上が住む。

wikipediaより


e0117096_191754.jpg

まだ、雨季が始まったばかりで、

船着き場から湖まで、長い水路が続きます。

雨季に備えて、湖にあった家を岸の方へ移動する家族もみられる。

そのたびに狭い水路は渋滞し、船が前に進みません。

しかし、観光するものにとっては、ゆっくり写真も撮れるし、人々の生活の様子もわかります。

blog_import_4c6228d9dcaaf.jpg

blog_import_4c6228db188ad.jpg

blog_import_4c6228dc6ac41.jpg

長い水路を通り抜けると、やっとトンレサップ湖に出る。

広いです。

茶色の水が水平線まで広がっている。

しかし、ちょっとイメージとは違う。

住んでる人が行きかうところは茶色ではなく、緑である。

ホテイアオイ、大量のホテイアオイが広がっている。

船を移動させるときは、雪かきならぬ、ホテイアオイかきをしながらの移動である。

ボートもスクリューに絡まったり、大変そうである。

湖には、レストランや商店も浮かんでいます。

blog_import_4c6228f24425a.jpg

blog_import_4c6228f345365.jpg

このツアー中、よく見かけたハンモック。

木陰があると、ハンモックがつるしてあります。

お店の中でも、お客が来てもハンモック。

e0117096_1382268.jpg

e0117096_1381030.jpg

e0117096_1375492.jpg

涼しいんでしょうね。

ぶらぶら・・・

気持ち良さそう。

そして、カンボジアの家族を眺めていて、感じるのは子だくさん。

子供たちに囲まれた楽しそうな一家団欒。

聞くところによると、一家に6,7人子供がいるそうな。

かつての日本の昭和前半というところであろうか。

かつてのポルポト時代の不幸を乗り越えて、

やっと幸せがやってきたという感じです。

blog_import_4c62291dcdf04.jpg

blog_import_4c62291eeea26.jpg

blog_import_4c6229202ac5f.jpg

でも、まだまだ大変です。

↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
今日もクリックありがとうございます



スポンサーリンク

シェアする