思い出旅行記

定年バックパッカー

クアラルンプールKLIA2(LCCT)のフライスルー


DSCF2155.jpg Lccエアアジアを使いこなすにはフライスルーを理解しないとだめです。 基本的にはエアアジアは一つの区間ごとにチケットが発券されますので、 そのたびごとに預けた荷物を引き取らないといけません。 しかし、エアアジアが指定している区間は荷物をそのまま次の飛行機に積み替えてくれるフライスルーと言うシステムがあります。 このシステムを使うときは同時に二区間のチケットを購入する必要があります。 KLIA2ができて、以前の古いターミナルと変わっていますのでご注意を。 まず、飛行機を降りると、階段で上の到着階へ上がります。 人の流れどおりです。 下の写真は、出発エリアから、到着エリアの階段部分を見たところです。 1.jpg その後、ひたすら歩きます。遠いので不安になります。 2.jpg しばらく歩くと、こんな看板がありますので、さらにまっすぐ歩きます。 3.jpg ここがポイントです。 右がトランジットホールへの入口への分岐点です。 サテライト部分に到着したわけです。 4.jpg 透明なドアを通過して、チケットのチェックカウンターがあります。 6.jpg その後、その先のガラスドアを通過すると、セキュリティチェックがあります。 7.jpg そこを出ると、出国エリアとなっています。 沢山の店があります。 8.jpg 乗り換え便のゲートが変更になっているときがありますから、ボードで確認しましょう。 確認できました、階を一つ降りてゲートに向かいます。 この先、もう一度セキュリティチェックがあります。 チェックは最後になりますから、この後のペットボトルは没収になりません。 9.jpg 前のLCCTより格段にわかりやすくなっていますが、そのかわり、格段に広くなっていますので、気を付けてください。 良ければワンクリックお願いします。
更新の励みになります(*^^)v
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ