思い出旅行記

定年バックパッカー

ロンドンの街ぶらスナップ


オックスフォードストリートから、リージェントストリートへ歩いてみた。 ロンドンのショッピングストリート。 日本で言うと、銀ブラ・・・古い言葉ですが・・・ 1_20150723073610b11.jpg 2_2015072307361147a.jpg 窓から店の中をのぞくと、結構面白い。 店にいる人は、逆に道を歩いている人を楽しんでいるようだが、 逆も結構面白い。 この窓は、オックスフォードストリートにある、マクドナルドの窓。 本来撮った写真は、下の写真であるが、 拡大するためにトリミングしてみた。 2_0.jpg 3_20150723073615480.jpg まったく働く気のない女性陣。 こいつら、何のために店の前に立っているか理解していない。。。。のおんな。 イギリスも終わったな・・ 日本もおなじようだけどね、若者は(笑) 4_20150723073609546.jpg ロンドンの町を歩いていると、黒人の比率が高くなっているのを感じる。 道路だけでなく、接客の仕事に多くの黒人の人が働いている。 ユニクロのレジなど、全員が黒人の女性であった。 これだけ多くの黒人に接したのは、高校生のボーイスカウトのジャンボリー以来じゃないかと思う。 少なくとも、話した相手は白人の人と半々くらい、もしくは多いくらいである。 そして、意外に少なかったのがアジア系の人。 レストランで中国系。スーパーでインド系、そしてユニクロで日本人らしい人と英語で会話ぐらい。 そして、印象だが、パリの黒人は野暮ったいのが多かったが、ロンドンの黒人はスマートである。 スタイルだけでなく、頭もスマートである。 そして、親切である。 フランス語を話す黒人、英語を話す黒人。 同じアフリカ出身の移民だと思うが、こうまで違うものかと思った。 ただし、単なる一旅行者の感想であるが・・・ 4_5.jpg 5_20150723073628fea.jpg オックフォード通りを曲がって、リージェントストリートへ。 店が高級店に変わります。 この付近の土地は女王の持ち物ということです。 土地代収入だけでも。数千億円とか。 5_0.jpg ユニクロです。 あまりの寒さに、ユニクロでソフトジャケット買いました。 日本で着るのなら12月くらいのものが、ロンドンで夏に売られています。 作られた国を見ると、チェコ。 東欧で作られることが多いそうです。 この服、今は息子のものとなっております。 6_20150723073631852.jpg ピカデリーサーカスです。 ロンドンのヘソです。 さすが観光客でにぎわってます。 みんな、田舎者です。 いわゆる、お上りさんです(笑) 7_20150723073645ce6.jpg 8_2015072307364652b.jpg 9_20150723073648ab3.jpg さらに歩いて、トラファルガー広場。 この近くのパブで昼に食べたフィッシュアンドチップ。 食べかけです。 写真撮るの忘れてて、慌てて撮った写真です(笑) 夜はスポーツパブとしてにぎわいそうな雰囲気であるが。 なぜこんなに混んでいるかと言うと、外は急な雨だからである。 旅している間、あまり雨にあった記憶がない私であるが、 今回のロンドンは雨が多かった。 ロンドンでも異常気象らしいが・・ 10_20150723073649b85.jpg 11_2015072307364308f.jpg 12_201507230737024d9.jpg 文中、不愉快な言葉があったかと思いますが、 年寄りの戯れ言として、スルーしてください。 今回も、おつきあい、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

ポチりしていただけると、更新意欲あがります。

にほんブログ村 旅行ブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしくお願いします。