にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

イギリスの風が吹くシンガポール

スポンサーリンク

シンガポールはイギリスの植民地時代を経験しています。

イギリスの植民地経営の際には、拠点を島に置くことが多い。

香港、ペナン、そして、ボンベイも島ではないですが、細長い半島の先に街を作っています。

アジアだけでなく、アフリカでも、ナイジェリアはラゴスの島に街ができています。

半島の先や島を選んだのは、防御という事が大きな理由でしょう。

植民地経営は醜い。

しかし、皮肉にもその醜さの跡は美しい。

現地の人から絞り上げた財で、外からやってきた人間が優雅に暮らす。

その暮らしの豊かさの名残りが今に残っています。

欧米の豊かさに追い付いたシンガポール。

イギリスが支配していた時以上に、美しい街にいます。

 

1_20150828211059111.jpg

 

2_20150828211100460.jpg

 

3_20150828211101f1e.jpg

 

4_20150828211103b15.jpg

 

5_20150828211048238.jpg

その時代の雰囲気が色濃く残るところがラッフルズホテルです。

ホテルと言うより、観光地です。

宿泊者でないと入れないエリアがありますが、

それでもホテルの雰囲気は十分に味わえます。

 

10_20150828211050647.jpg

 

11_201508282110503ae.jpg

 

12_2015082821104679f.jpg

 

13_20150828211024c36.jpg

 

14_20150828211026def.jpg

 

15_20150828211027f79.jpg

 

16_20150828211023b0f.jpg

 

3人の子供連れで、ラッフルズホテルのハイティーなど、楽しめるはずもなく、

せめて、シンガポールシリングとも考えましたが、

のちに、夫婦で泊まって飲むことを夢に、楽しみを残しておきました。

その楽しみは、そのまま夢のままで終わるのか、

それとも実現するか。

次回、シンガポールを訪ねたときの懐具合で決まるでしょう。

今考えるに、せめてあの時に飲んでおけばと思うのが、

正直な今の気持ちです。

 

18_201508282110107ad.jpg

 

結局、お土産すら買わずに、ラッフルズホテルを後にしました。

やっぱり、我が家はケチです(笑)