2015-10

日本一周写真日記

日本一の水質、仁淀川の源流 面河渓

石鎚山の中腹にある、御来光の滝から仁淀川が始まります。 まだ、名前は面河川ですが、高知に入るまでこの名前で流れます。 四国山脈を横切って流れるので、急な谷が続きます。 面河渓はその急な谷の最初の部分になりま...
四国

西日本一の山 石鎚山

霊峰石鎚と呼ばれ、神様の山です。登山道は大きく分けて、成就社経由と土小屋経由に分かれます。頂上には山小屋があり、簡単な食事がとれます。また、飲み物も補給できます。石鎚山が賑わうのは、紅葉の季節。頂上は狭く、すぐに登山客でいっぱいになります。...
四国

紅葉の名所小田深山 仁淀川上流の原生林です

四国カルストから仁淀川流域に入ると、そこは、仁淀川流域の黒川が流れている。昔ながらの広葉林が広がっているところが小田深山である。紅葉の季節、すごい渋滞となる。こんな感じの小田深山であるが、苦労していくだけの価値はある。県外の方にもわかるよう...
四国

四万十川と仁淀川の分水嶺、四国カルスト

坂本龍馬脱藩の道を登っていくと、峠につきます。脱藩の道を離れて、県境の道を四国カルストの方向に。ここは、気温の寒暖が大きいので、大根の美味しいところでもあります。山を登ると、ススキが広がる牧場になります。稜線を牧場の中を四国カルストに向けて...
四国

四万十川を遡る

四万十川。日本一の清流として知られていますが、それよりも、自然が残っている川と言った方がイメージが出ると思います。日本の川だと、両岸に堤防が目立ちますが、四万十川にはあまり堤防が作られていません。あったとしても、コンクリートでできたものは少...
四国

宇和海をさらに南に進むと石垣の里に着きます

遊子水荷浦から須ノ川公園へのリアスの海岸線。愛南町に入ると、宇和海展望タワーやサンゴ礁の遊覧船の観光地となる。さらに、岬の先へ向かうと、石垣の里、そして高茂岬へと繋がる景勝地である。 遊子水荷浦 宇和海は山が海に迫っているので、平野が少...
四国

岬巡りのバスが走る♪♪ 宇和海

愛媛県の西部は南予と呼ばれ、宇和海に面してリアス海岸が続く。一番北には、細長い佐田岬半島が伸びており、この半島を境に、瀬戸内海と宇和海が分かれている。付け根から40キロほど走ると、岬に着く。しかし、突端である灯台まではしばらく歩きが必要で、...
四国

昭和の匂いが残る 内子

肱川あらしの赤橋が知られる長浜から肱川をさかのぼります。 今は予讃線が峠をトンネルでぬける中山経由で走っていますが、私が学生のころまで予讃線は長浜経由の海沿いを走っていました。そのため、内子に行くためには大洲の一つ手前の五郎駅...
エッセイ

一歩一歩、前に歩むことの大事さに気づいた

ここ一か月体調がすぐれない。ちょっと動くと咳が出て息苦しい。階段を上るときなど特にそうである。 そこで最近は行動をのんびりすることにしている。歩くときものんびり。当然、階段を登るときものんびり。 ただ一つ決めているのは目的地に着くま...
エッセイ

知らないという事は恐ろしく、そして恥ずかしいことです

何日か前から、WordPressでこのサイトを運営し始めました。 写真アルバムをのぞいた、普通の記事を、日本版もいれると10記事くらい書いてきました。しかし、写真がどうも拡大するときたなくなります。分かりやすく言うと、ピンボケです。メ...
スポンサーリンク