にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

嵐山のお薦めホテル らんざん

スポンサーリンク

嵐山花灯路旅行レポート第五弾。

 

今回のホテル選びで一番重視したのは場所。

とりかく、観光するのに移動を少なくしたかった。

そして、選んだのが、ここのホテル。

 

京都嵐山ご清遊の宿らんざんが正式名称。

 

とにかく便利なところにある。

前は桂川。

後ろは天龍寺。

丘を越えれば竹林。

昼ごはんなら、隣の吉兆・・

 

吉兆のホームページでメニューを見た。

昼のコースで、43000円。

すぐにページを閉じました。

 

まぁ、隣が吉兆だから、食事も期待できそうということで予約しました。

 

二階建てのこじんまりしたホテルです。

部屋数も少なく、客層も落ち着いてます。

外国人もチラホラ見かけまずが、静かです。

 

  

 

とにかく楽しみは食事です。

口コミでは量が少ないというのがチラホラ・・

ということで、贅沢コースなるものを予約しました。

 

 

酒は、一番辛口をチョイス。

 

 

テーブル席ですが、窓越しには、ライトアップされた嵐山。

贅沢な時間が過ぎていきます。

 

 

日本酒をちびちびしながら・・

前菜を・・

これだけで、もう十分です。

 

 

アマダイのお汁、そして刺身と続きます。

 

 

焼きガニが出ました。

私、甲殻アレルギーで食べれないのですが・・

少しだけ食べちゃいました。

 

その次のふぐ鍋・・

うまかった。

骨ごとかじりつきました。

残った汁で雑炊作るとうまいだろうなぁ・・

貧乏人の浅はかな欲望がチラリ・・

 

 

もう、この辺で腹いっぱい・・

でも、出てくるものはいただきます。

大根の後、

 

牛肉登場・・

柔らかいです・・

 

最後に真打登場。

ふぐのたたきです。

腹いっぱいなのですが、完食します。

上に乗っている煮こごりがにくいです。

 

 

ご飯が出たのですが、いくらは食べませんでした。

それより、赤だしと漬物がすっきりさせてくれます。

 

 

そして、一夜明けて、朝ご飯。

 

たっぷり運動したので、お腹はペコペコです。

出てきたのは私の大好きな旅館定食。

しかし、一つ一つの料理に手間がかかっています。

さわらの焼き魚は一晩酒粕につけた感じ・・

奥が深いです。

 

 

お約束の湯豆腐も登場です。

そして、一番のここの売りは漬物バイキング。

たくさんの漬物がテーブルに並んでいます。

全て美味しい。

するとご飯が足りなくなる。

おかわり・・

お腹がキツイです。

ちゃんと、そんな人のためにか、お粥の用意も・・

いやいや、助かります。

 

 

 

食事に満足した後、のんびりデザート。

フルーツとヨーグルトをいただきます。

写真に撮るなら、ヨーグルトの上にフルーツでしょと、カミさんのツッコミ。

まぁ、味は変わらないし・・

 

外に出かけている時間が長かったので、部屋にいる時間は短かった。

カーテンを開けると、中庭が美しい部屋でした。

夜はライトアップされています

 

夜が開けるとこんな感じ。

紅葉の季節だったら、もっと見応えがありそう。

 

 

部屋はこんな感じ。

360°写真なので、マウスでくるくる回してください。

カミさんの手が写ってますが・・

編集すれば消せますが、そこまでは・・

 

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

120センチ幅のセミダブルのベット二台入っています。

ゆったり眠ることができます。

子供の添い寝なら、四人でも泊まれそう。

傷が治っていないので、大浴場にはいけませんでした。

そのため、部屋のお風呂で・・

よくホテルで見かける小さなものでなく、全身長く伸ばせる大きなお風呂がついてました。

おかげで、歩いた後の筋肉痛が和らぎました。

そして、この宿で一番感心したのは部屋の灯り。

明るいです。

たくさんのスタンドが部屋のあちこちに・・

ホテルの部屋は薄暗いところが多いですが、ここはとにかく明るい。

目が薄くなったものには助かりました。

さて、この宿のお値段ですが、一泊二食二人分で、吉兆の昼ごはん一人分です。

安いのか、高いのか人によって判断は変わると思いますが・・

二年にわたる入院生活を支えてくれたカミさんへのご褒美として・・

私的には頑張ってみました。

↓ ↓ よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日もありがとうございました

スポンサーリンク
京都
定年バックパッカー 旅行ブログ