スポンサーリンク

中国南方航空で広州へ、そして無料トランジットホテル

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

 

中国南方航空のチェックインカウンターに並びます。

二時間前だというのにかなりの行列。

さらに、みなさんたくさんの荷物を抱えています。

当然一人一人のチェックインに時間がかかります。

 

チェックインの際、広州での無料ホテルのご案内。

やっぱりあるんだ・・

こんな安いチケットでホテル付きなんて・・

なかなか信じられませんでしたが、事実のようです。

 

チェックインに長くかかったので、イミグレ通過がかなりギリギリ。

係りの人が南方航空の人を呼び出し、早く通過させてくれました。

久しぶりの中国系の飛行機、ワクワク、ドキドキ、ヒヤヒヤです。

 

 

乗って席に着くと、

あれ、ゆったりしてます。

普段LCCばかりなので広く感じます。

足も組めるし・・

こりゃ、楽なフライトになりそうです。

 

ただし、満席状態。

人気路線のようです。

しかし、満席なのに静かです。

昔の騒がしさがありません。

みなさん、お上品です。

うるさいのは私だけだったりして・・

さて、離陸です。

淡路大島上空通過・・

 

広島上空あたりで、ビールとおつまみの配布です。

冷えてないという噂でしたが・・

美味しく冷えてました。

さらに配るときにはみなさん笑顔で・め

昔では考えられないサービスです。

昔は、ホイ飲めよって感じでしたから・・

 

北九州上空通過・・

機内食の時間です。

さてさて、お味はどうでしょう・・

なんと、美味しい・・

LCCでお金を払って買った食事より美味しいです。

というより、日経の航空会社と変わりません。

まぁ、JALコードシェア便ですから、当然と言えば当然なのですが・・

さらに、お代わりの飲み物のご案内。

みなさん、ワインを飲んでいるようです。

気になりましたが・・

コーヒーにしました。

しばらく海の上を飛んだ後、上海上空。

 

グーグルマップでも確認できます。

ここまでは規制が入っていないようです。

 

この後は雲の上。

気流が不安定です。

どうして、気流が安定している海の上を飛ばないんでしょうね。

台湾との問題なんでしょうね・・

 

 

暇なので、

席のポケットの中の注意書きを見ていると・・

 

面白い禁止事項が・・

タバコ駄目・・

これは当然です。

 

スポンサーリンク

スマホ駄目・・

昔は駄目でしたが、現在は使用できます。

ただし機内モードでですが。

古い情報では、機内モードでも駄目でしたが、今年から許可になりました。

おかけで、スマホで写真撮ったり、音楽聴いたり、映画を見たり、色々できます。

 

充電器使用駄目・・

まぁ、これも微妙なところです。

 

ここまでは理解できました。

次はナンジャラホイ・・

押すなというのはわかりますが・・

どこのボタンなのでしょうか。

理解不能・・

 

次の絵は・・

ドローン飛ばすな・・

飛行機の中でドローン飛ばす客がいたんですね・・

恐るべき、中国人。

 

 

 

そうこうしていると、高度を下げ、着陸態勢です。

そして、

三時間半のフライトで広州着陸。

楽なフライトでした。

南方航空、次もあるかも・・

 

 

さて、

スポンサーリンク

問題の無料トランジットホテルの手続きです。

手続きカウンターは、関空でチェックインする際に地図をもらいました。

 

場所はチェックインカウンターがある建物の一階。

そこまでたどり着くのが結構大変。

その建物には地下鉄の駅があるので、そのマークを頼りに動きます。

 

到着は一階なのですが、隣の建物に移るために一度三階に上がります。

そして、渡り通路を通って、チェックインカウンターのあるフロアへ。

さらに、そこからエスカレータで一階におります。

そこまでは、地下鉄マークでいけます。

そこからが大変。

20番出口にあるということだけが頼りです。

その20番出口・・なかなか見つかりません。

思ったより広い空港。

なめてました。

もっと真剣に下調べしておけばよかった。

なんとか、数字を頼りにたどり着いたのが、ここ。

ピンクの看板が目印です。

 

ここで並んで、搭乗券を出して、

トランジットホテルが欲しいというとホテルを選ばせてくれます。

ただ、そのホテル選び。

文字が小さい。

読めません。

さらに中国語だし・・

頼りは写真。

良さげなホテルのカードを指さすと・・

ホリディインでした。

 

べたっとシールを貼ってくれます。

これを貼って近くの椅子で待っていると、ホテルの人が見つけて案内してくれます。

 

スポンサーリンク

 

 

周りの景色はこんな感じです。

お腹が空いていたので何か食べたかったのですが・・

じっと我慢です。

 

待つこと20分ほど・・

緑のシャツを着たにいちゃんが登場。

ついて来いという。

私たち以外にも、もう一人、見事なタトゥーを入れた若者も一緒です。

どうもアメリカ人のような感じ。

服装からして、バックパッカー。

ここで乗り継いでどこに行くのでしょう・・

 

さて、連れて行かれたところが出発階のタクシー乗り場。

ここでホテルのにいちゃん、客を乗せて着たタクシーに話しかけますが・・

ことごとく断られます。

普通タクシーに乗るのなら、到着階からです。そこにはたくさんのタクシーが待ってます。

 

なぜ・・

どうも、タクシー代をケチろうとしているようです。

当然、タクシーの運転手も拒否します。

 

10台以上拒否られて、やっと見つけたタクシー・・

護送車のようです。

 

走ること、30分ほどでホテル到着。

おっと、立派なホテルです。

さすがホリディイン。

名前だけの偽物と思っていたのですが、本物のようです。

 

そして、ホテルに着くと一悶着。

タクシーの運転手、料金払えという。

はぁ、料金は無料トランジットホテルに含まれているはず。

いくらこちらが主張しても、運ちゃん引き下がりません。

トランクの中の荷物も渡しません。

 

スポンサーリンク

 

お問答していても仕方がないので、タトゥーのにいちゃんがホテルの人を呼びに行きました。

そして、運ちゃんとホテルマンとの話し合いの後、ホテルが運賃払ってました。

よくわからないシステムです。

 

さて、ホテルに入ると、おぅ、豪華です。

こんな高級なホテル何年振りだろう・・

いやいや、何十年振りかも・・

フロントで、翌朝の空港へのシャトルバスの出発時間が6時とのこと。

滞在時間はわずか十時間ほど。

慌ただしいですが・・

部屋に入ると、素晴らしい・・

これが無料なんて・・

南方航空さん、お見事です。

 

 

備品もきっちり揃っています。

湯沸しポットも、バスアメニティも世界基準です。

 

 

スポンサーリンク

 

さて、晩御飯。

ホテル内のレストランは高そうなので、ご近所の店へ。

鍋や餃子などの店があります。

ただ、お客は中国人のみ。

ローカルバリバリです。

まぁ、それで問題はないのですが、どこの店で聞いてもビールがありません。

メイヨー・・懐かしい言葉を聞きます。

 

諦めて、

ホテルのレストランで。

食べるのは当然、広州料理でしょ。

まずはビール。

前菜。

キクラゲがうまい・・

今まで食べたキクラゲで一番美味しいかも・・

スープを頼んだらこれが出てきました。

どこがスープなんや・・

とにかく、この店、ホテルの中だというのに、英語が通じません。

当然、メニューも中国語オンリー。

ホリディインなのに・・

仕方なく、身振り手振りで注文したもので・・

 

豆腐を頼んだらこれが出て着ました。

肉の方がメインのような・・

ここまでで、十分お腹がいっぱい。

さらにもう一品頼んでしまっていました・・

 

美味しいのですが、食べれません。

なんとも、不満足な夕食となりました。

さて、お会計は四千円。

高いのか、安いのかわかりません。

でも、ホテル代がただなのでよしとしましょう。

美味しかったし・・