にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

アスタム村からミニトレッキングで下り、ポカラへ

スポンサーリンク

ホテルから出発。

振り返ると、白い山が名残り押しそうに・・

 

 

途中、いくつかの小さな村を通ります。

村というより、家が数軒集まっているだけですが・・

 

遠くに霞んでいる街を目指します。

ホテルの人の話では麓の町まで一時間半程とのこと。

写真を撮りながら・・

なおかつ、私の体ですから、もっとかかる予定。

 

 

ホテルから歩いてしばらくすると、バス停らしきものが・・

たくさんの人が車を待って居ます。

この道をバスが走るなんて・・

まず、考えられません。

 

歩いても、歩いても、標高が下がりません。

棚田になっている風景は素晴らしいのですが・・

この風景がしばらく続きます。

 

標高が下がってくると、山の見え方が少しずつ変わってきました。

見上げるという感じです。

 

しかし、降っても、降っても、石がゴロゴロの道が続きます。

下を見ながら歩かないと転びそうです。

 

さらに、日差しがきつくなってきて、暑いです。

先ほどまで、寒いくらいだったのに・・

フリースを撤収です。

 

下から見上げる山もいい感じです。

ただ、朝から比べると霞んできました。

半分くらい降ったでしょうか・・

林の中に入りました。

日差しがなくなり涼しくなったかと思うと、寒く感じ始めます。

日向と日陰の気温差が激しいです。

 

まだまだ、山が綺麗に見えます。

むしろこれくらいの角度の方が山は綺麗かも・・

ただ、霞んでいるので残念・・

途中、農家の庭先。

ストレスフリーの生活をして居ます。

いい感じの村です。

ここに住んでいる人は毎日山を見て過ごしているのでしょうね。

当たり前の風景・・

贅沢な環境です。

ただ、生活は大変そうです・・

私たちを見かけて、この村から少年が出てきました。

なんかちょうだいと催促してきます。

ここを歩く人が何かあげているのでしょうね。

残念ながら、何も持っていないので、ごめんなさいです。

 

店がありました。

水などはここで買うことができるようです。

店番に爺さんが暇そうに座って居ました。

 

 

よくバイクに追い抜かれました。

主な生活の足はバイクタクシーのようです。

 

 

振り返ると、山ががんばれよぅと語りかけてくれます。

この頃からかなり足が辛くなってきました。

 

まだまだ道は続きます。

ただ日陰が増えてきたので、暑さはしのげます。

 

振り返っては山を眺めます。

下から見上げる角度が大きくなってきました。

かなり降りてきたようです。

 

下から車が上がってきました。

乗っている人を見ると、ホテルの客のようです。

ゆっくりゆっくり、歩くスピードで登って行きました。

 

 

後ろからトラックが・・

荷台にバス停らしいところにいた人が乗っています。

ということは・・

これがバスのようです。

 

街が大きく見えるようになりました。

もう少しです。

頑張ろう・・

 

最後の坂道・・

これを抜けると麓の町です。

そこにはホテルから予約を入れた車が待っているはずです。

無事、予約していた車に出会え、荷物を預けていたポカラに向かいます。

 

荷物を預けていたところは。「たべものや」という名の蕎麦屋さん。

せっかくなので、評判のそばをいただくことにしました。

 

 

天ぷら蕎麦にしてみました。

いい感じで揚がっています。

この店の日本食レベルも高い。

ただ、お値段が・・

 

場所はレイクサイドの通りにあります。

↓ ↓ よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日もありがとうございました

スポンサーリンク
ネパール🇳🇵
定年バックパッカー 旅行ブログ