メルズーガからサハラ砂漠ツアー/強くおすすめ/

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

砂漠ツアーはラクダに乗るだけでなく、4WDの車で行くツアーもある。砂漠のキャンプ地までも連れて行ってくれる。夕日を眺めながらの絶景ポイントから写真撮影が楽しめます。体力的にきついと考えている方におすすめです。
スポンサーリンク

砂漠ツアーには二種類ある。

一つはラクダに乗って、砂漠のキャンプ地へ行って一泊する。

そして、翌朝帰って来る。

さらに、二泊三日で砂漠をラクダで行くというのもある。

 

もう一つは、車に乗って砂漠を走るというものである。

 

どちらにしようか、ツアーに出発という日まで悩んでいた。

私の体はよ良くなったといっても、まだ病弱。

砂漠で一泊するのには耐えれない気がする。

さらに、ラクダに一時間乗るという。

体力的にもきつい。

胸の筋肉を手術で切り取っているから、力もあまり出ない。

用心に越したことはないと車のツアーを選んだ。

 

出発時間は、6時近くになった。

まぁ、日が高い間に砂漠を動くのはきつい。

妥当な時間であろう。

 

出発のとき、頭にターバンが巻かれた。

砂対策である。

巻いた残りの布はマフラーとして使う。

見た感じ、砂漠の民のような雰囲気になった。

 

 

当然、カミさんも同じ格好。

砂漠ツアーに出かける格好としては最高である。

 

 

出発をして、砂漠のなかをしばらく走ると、一気に雰囲気が変わった。

ホテルの周りでも、十分砂漠気分を味わえるのだが、やっぱり砂漠の中に入ると違う。

何が違うと言われても困るのだが・・

とにかくすごいのだ。

 

とりあえず、砂漠の中で記念写真・・

アラビアのロレンス風に撮ってみました。

 

 

しばらくすると、ラクダツアーの一行と出会った。

楽しそうである。

 

 

しかし、一部の人はラクダにしがみついているという感じ。

ちょっと大変そう。

 

 

ラクダツアーは人数はグルーブによって違う。

十人以上の大集団もあれば、二人だけのカップルもいる。

 

当然、案内のラクダ引きの人は付いているが・・

 

この後、写真スポットで車を止めてくれる。

ため息が出るような風景が続く。

 

縦で撮ってみたり・・

 

横で撮ってみたり・・

 

自分の影を撮ってみたり・・

 

 

楽しくて仕方ありません。

 

運転手さんより名前を聞かれました。

そして、砂漠に私の名前を・・

嬉しいおもてなしです。

 

さらに砂漠を進み・・

 

スポンサーリンク

キャンプ地が見えてきました。

 

 

振り返ると、今まで越えてきた砂丘が見えます。

ほんと、砂漠の真ん中のキャンプ地です。

 

ここは、ラクダツアーの人が泊まるところ。

時間をかけてやってきた人たちがラクダから降りています。

 

ここからは、キャンプ地までは歩いて行くことに・・

 

ところで、砂漠を歩くとき、何履くかわかります?

靴だと砂が入ってダメです。

ビーサンでもいいのですが、すぐ脱げてしまいます。

結局、一番いいのは裸足です。

砂はサラサラで気持ちいいです。

 

ただ問題はラクダの周辺。

黒いうんこだらけです。

ここを裸足で歩きます。

足の裏でコロコロしたものが・・

硬く乾燥してますから、足にはつきませんが・・

 

運転手さんが、ラクダに近づくと、怒ってます。

なんか、ラクダって凶暴なのですね。

 

でも、その後笑ったりして・・

観光客には愛想のいいラクダです。

良く躾けています。

 

この後、機嫌のいいラクダさんと記念写真撮りました。

 

スポンサーリンク

 

キャンプ地には井戸があります。

 

 

宿泊者テントの中はこんな感じです。

ホテルと変わらないくらい綺麗にされています。

 

 

ラクダツアーの人はここで食事を取って、翌朝、帰る形になります。

 

私たちは、ここから夕日の絶景ポイントに移動します。

 

夕日を浴びて、砂の色が変化します。

 

途中、ラクダツアーの人たちと会いました。

これからキャンプ地に行くのでしょうか。

それとも、夕日見学ツアーかもしれません。

 

砂丘のすぐ近くまで、太陽が降りてきました。

 

日が傾くと、一層砂丘のうねりが美しく見えます。

 

振り返ると、私たちの影が長く伸びています。

 

いよいよ、落陽です。

 

日が沈むと、一気に空の色が変わります。

 

 

この後、ホテルに帰ります。

今までゆっくり走っていたのですが、スピードが上がりました。

砂丘を乗り越えながら走るのですが、もう何回ひっくり返ると思ったか。

砂丘って、片面は垂直に近いくらいの急斜面になっています。

そこを一気に下ります。

 

砂丘を斜めに横切るときは、車が45度くらいに傾きます。

 

当然、写真などありません。

車のしがみついていました。

かつてのパリダカールラリーがどれだけ過酷だったか・・

最後まで楽しめた砂漠ツアーでした。

スポンサーリンク

最後に・・

写真を撮るのであれば、ラクダではなく車を選択の方がいいかも・・

料金は二人で110ユーロ。

これは一台の料金。

人数が増えればお得になります。

 

↓ ↓ よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日もありがとうございました

モロッコ🇲🇦
スポンサーリンク
定年バックパッカー 旅行ブログ