定年バックパッカー

フーテンの思い出旅行記

フェズのメディナ 地図を使わない歩き方

ラマダン中、新市街にホテルをとったため、昼食場所がない。タクシーの運転手の話では、旧市街メディナに行くとあるという。彼に連れられて行くと、日本語ガイドが待っていた。レストランで食事の後、ガイドの勧誘。断ったために、迷路の街を迷いながらの観光となった。

ホテルにチェックイン後、まずやることは・・風呂で砂を洗い流すこと。

久しぶりのすっきり感。風呂上がりのコーヒーを飲んでいるうちに爆睡です。

目が覚めると、昼過ぎ。

食事をしようとホテルを出たのですが、周りのレストランはしまっています。

まぁ、ラマダンですから・・

そこへ、やってきました、英語を話すおっさん。ラマダーンだから、この付近はレストラン開いてないよ。旧市街なら開いているよとのこと。

怪しそうなのですが、食欲に負けて、彼の車で旧市街へ。途中、街の案内だけでなく、写真スポットまで連れて行ってくれます。

だいたい、こういう優しい人は怪しいもので・・旧市街に着くと、日本語ぺらぺらのガイドさんが待ってました。

やっぱりね・・

迷路の旧市街を動くにはガイドが必要。

これは色々なところで聞いてます。日本語ガイドに連れられ、レストランへ。

一人150DHプラス飲み物代ですから、まぁ観光客相手のレストランでは普通の金額。味も美味しかったので、良しとしましょう。

ただ、その後の観光案内はお断りすることに。連れて行かれるところは、アルガンオイル、皮のなめし、その他色々・・行った後は想像できます。

すると、態度が豹変。どうして、買い物しないのか・・

信じられない・・せっかくモロッコ来たのにと色々・・

引き下がりません。

今まで行ったネパールやメキシコの写真を見せ・・これからもたくさんの国に行く・・さらに、ヨーロッパの国名をずらっとあげて・・

これらの国で一つずつでもお土産買うと、すごい荷物になる。だから、モロッコでもお土産買わない・・

ドゥ ユゥ アンダースタンド??

やっと買い物に案内するのは諦めてくれました。

しかし、今度はガイド料よこせという。会った時にガイド代はいくらと聞いたところ、気持ちでいいと言っていた。

ならば、気持ちだけの20DHを渡すと、めちゃ不機嫌。100DHよこせという。おいおい、話が違うじゃないか。持っている全財産400DHのお金を見せ、これで食事代払うと、残りは50DHだけ。残りあげるよというのだけど、先に100DHを取ろうとする。

オイオイ、ちょっとそれはやばいよ。

結局、食事代のお釣りを受け取り、しぶしぶ退散。全財産、巻き上げたのだから、満足しなさいよ・・

まぁ、こちらも他のポケットにお金持ってたけどね。

お互い、騙し合いです・・

さて、鬱陶しいガイドがいなくなってスッキリしたのですが・・

今いるところが分かりません。

レストランでwifi繋ぐと、かなり旧市街の奥まった場所。ここから帰るとなると・・

どうしましょ・・

頼りはスマホで写メった地図のみ。

一番有名な観光ポイントはブージュルード門 ということで、それを合言葉に歩きます。

人の良さそうな人に・・

ブージュルード?

と尋ねては、方向確認。

とりあえず、人の流れに任せます。

道が狭いです。

途中、ATM発見。

お金をおろそうかと考えたのですが、明日はスペイン。

やめました。

前に進みます。

それにしても、すごい人波です。

毎日、こんなんでしょうかぁ・・

飾ってある商品に目移りします。

ロッコだけの旅行だったら、しこたま買い込みそうです。

とにかく前に進みます。

途中、水を購入。

ラマダン中の人には申し訳ないですが、水分補給します。

これなんでしょうか。

お菓子の型取りのようです。

違うかも・・

なんでしょう・・

繁盛していて、忙しそうでした。

香辛料かな・・

三叉路から、右の道を選びました。

急に人通りが減ります。

ちょっと、間違ったかも・・

塔が見えるので、方向的には正しいようです。

人が少なくなつたので、歩きやすくなりました。

絨毯屋さんです。

今日で、これを見るのが最後かと思うと寂しくなります。

相変わらず、声はかけられますが・・

前を歩く人は、観光客っぽいので、道は間違ってないようです。

また、人が増えてきました。

ゴールが近づいてきた雰囲気を感じます。

[ad]

theアフリカです。

カミさんの欲しそうなものが並んでいます。

進むスピードが遅くなりました。

服屋さんです。

派手な色です。

イスラムの服の下には、こんな派手なものが隠れているのですね。

中では、服を縫っています。

また、人通りが減ってきました。

不安になります。

行き先を指差して、ブージュルード?と聞くと、そうだと言います。

タイル模様に反応したりして・・

また、賑やかになってきました。

遠くの方に塔らしきものが見えます。

それをめがけて歩きます。

それにして、思ってた以上に遠いです。

エスカルゴ・・

食べてみたいのですが・・

まさに、カタツムリです。

もう少しです。

土産物屋さんが増えてきました。

塔の近くまできました。

後もう少し・・

ちょっと余裕ができたので、横道に入ろうかと思ったのですが・・

やめました。

左に曲がってみました。

人通りの多い道に向かいます。

路地を抜けると・・

はい、観光客が沸いているところに出ました。

欧米人見て、ほっと一安心です。

生鮮食料品の市場になっているようです。

色々な食べ物が並んでいます。

カミさんがケーキを食べたいと言うことで・・

残った小銭でお買い上げ。

私は猫と遊んでいました。

ブージュルード門に到着です。

写真で見たことあります。

ここまで、1時間ほど。

疲れました。

カミさんはケーキを買ってご満悦です

タクシーに乗って帰ります。

こちらのタクシーはトマトと呼ばれる赤い車。

運転手は英語は通じませんが、乗るときに通訳してくれる係りの人がいて、行き先を言います。

さて、これで終わると思いきや・・

ホテルに着いて、降りるとき・・

タクシーの爺さん、100DH出すと釣りがないという。

仕方がないので、細かくするため、カミさんを残し、ホテルのフロントへ。

ホテルのフロントではできないと言われ、今度は近くの駐車場へ。

ここでも、だめ・・

ガソリンスタンドへ行けという。

そこまで歩き、やっとのこと小銭をゲット。

タクシーのじーさんに料金の25DHを渡すと、恐縮して、すまなかったと謝る・・

いやいや、悪いのは、最後の小銭を使ったカミさんですから・・ < みなさん、お釣りのいらないようにして、タクシー乗りましょう。