ビカソ美術館から大聖堂、マラガ砦の4時間のマラガ観光コースでした

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

コスタ・デ・ソルの玄関、マラガ。カミさんの望みでピカソが生まれた街を訪れた。日本ではあまり知られていないが、美しい観光地。特に、カテドラル、大聖堂はすごい。そして、マラガピカソ美術館。集蔵物は期待以上であった。港周辺もお洒落な散歩道が続く街である。
スポンサーリンク

マラガ駅で昼食を取った後・・

午後2時。

バスでセントラルへ向かいます。

バス車内は地図が表示されて、どこで降りたらいいか一目同然。

観光客に優しいマラガです。

 

マラガ公園

港の前に広がる公園前でバスを降りる。

ここから、繁華街へと通じる道がある。

 

モリーナ・ラリオ通りを歩きます。

昼時のためか、人通りは少ない。

目指すは、カテドラル。

マラガ大聖堂

それほど期待はしていなかった。

正面から見ると、なんかすごそうな雰囲気・・

入り口は左手からだった。

アンダルシアのルネッサンス建築の最高傑作の一つ。

カトリック両王の命により建設された大聖堂は“ラ・マンキータ”(“片腕”の意)という愛称で知られている。

エンカルナシオン大聖堂(Catedral de la Encarnación)は、マラガの最も重要な建造物の一つ。

南側の塔と正面ファサードは未完成のままとのこと。

旧市街地のこの場所にあったイスラム教寺院の跡地という。

これは、セビリアと同じである。

この付近がイスラム支配が長かったことの印である。

 

 

16世紀前半に、カトリック両王の命令で、ゴシック様式で教会建設が始まった。

その後工事は17~18世紀まで続きました。

この大聖堂には庭園や美しいパティオがあるとのことですが、未確認。

内部はルネッサンスおよびバロック様式の影響を受けています。

すごいのは中央の聖歌隊席(17世紀)やペドロ・デ・メナによる彫刻。

 

また一連の礼拝堂も美しいのが並んでいます。

教会の名前の由来となったキリストの受肉(=エンカルナシオン)をテーマにしたものもあるというが、ちょっと不明。

勉強不足でした。

 

 

この後、周辺の路地歩き。

たくさんのバルが観光客で賑わっています。

二時くらいからが、こちらの昼ごはんのようです。

 

マラガピカソ美術館

「自分の作品を生まれ故郷に」というパブロ・ピカソ本人の要望に応えた美術館。

アンダルシアのルネッサンス様式一般建築の代表的建物、ブエナビスタ宮殿にあります。

常設展示は、2人の親族、クリスティーナ・ルイス-ピカソとベルナール・ルイス-ピカソの私蔵コレクションの中から選ばれた作品群で構成されています。

天才画家ピカソの、異なるスタイル、マテリアル、技法をカバーした、200点以上の作品が展示されています。

並ぶかと覚悟していたが、十分ほど並んで入場。

中は、当然撮影禁止ということで・・

 

素晴らしい作品がズラリ。

二百点以上の作品が展示されていました。

これで7ユーロ。

お買い得です。

館内は人も少なく、ゆったり鑑賞できます。

いい時間が過ごせました。

もらったパンフレットです。

このパンフレット自体がいいお土産になりました。

額に入れて、お土産として渡しました。

安上がり・・

そして、美術館内で唯一、写真の撮れるところで・・・

失礼いたしました・・

外に出ると、すごい行列になっていました。

入った時間がちょうど良かったようです。

入場制限していました。

ゆっくり鑑賞できたのは、このおかげだったようです。

 

日頃の行いなのかな・・

スポンサーリンク

↓ ↓ よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日もありがとうございました

スペイン🇪🇸
スポンサーリンク
定年バックパッカー 旅行ブログ