思い出旅行記

定年バックパッカー

50代からの旅行サークル」を始めました。興味のある方はこちらから。

マラガ空港からバルセロナにライアンエアーで飛びます


地中海に面し、リゾート地コスタ・デル・ソルの中心であるマラガ。玄関口ということで、鉄道駅も空港も立派です。マラガ空港はプライオリティパスが使えるラウンジもあリます。そして、LCCライアンエアーバルセロナに移動。バスよりも、鉄道よりも安いというのがライアンエアーの魅力です。

マラガ駅

ホテルから道を渡れば駅に着きます。

駅の中にホテルを取ったような感じです。

駅に入ると、リゾートらしい明るい駅が広がります。

駅だけでなく、ショッピングセンターやフードコートも併設しているので、使いやすい駅です。

フードコート

二階に上がると、色々な店が出店しています。

でも、店はスペインというものではなく・・

アメリカのマック・・

イタ食のピザハット

寿司屋まで・・

なかなか、スペインという店が見つからず・・

ここになりました。

まずは、ピンチョスから・・

自分で選ぶシステムです。

点心みたいに、テーブルの周りを回る人から取ります。

タラの天ぷら。

まぁまぁの味。

オニオンのフライ。

イカと思ったら違ってた。

パエリア・・

これ、失敗でした。

コーラも含めて、21ユーロほど。

ちょっと、コストパフォーマンス悪いです。

まぁ、駅ナカですから仕方ないかな。

それとも、少し都会になったからかも。

マラガ空港への鉄道での行き方

空港に向かいます。

乗り場は正面改札からではなく、左側の入り口から地下に降ります。

苦手な自動販売機です。

どうも、ドイツからトラウマになっています。

ヨーロッパはかざすだけのクレジット決済が進んでいます。

私のカードはそうなっていないので、カード口へをカードを差し込みます。

はねられましたが、noでスルーします。

行き先を選びます。

当然、空港行きです。

人数を入れて終了です。

一人、1.8ユーロです。

地下のホームです。

市内は地下を走っています。

列車内です。

ゆったりしています。

大きな荷物でも、問題ありません。

空港駅です。

すぐ前がターミナル。

バスより、鉄道の方が楽そうです。

マラガ空港

思っていた以上に大きな空港です。

都市の人口以上に大きな空港。

さすが。コスタ・デ・ソルの玄関口です。

さて、ライアンエアーのチェックインカウンターを探します。

経験からすると、LCCは大体、端が多いです。

と行っても、空港が広すぎるので、どこから探していやら・・

地図見てもわかりません。

ということで、適当なカウンターの人に声をかけてみました。

まぁ、こういう時は、とにかく動けですね。

プライオリティパスを使えるVIPラウンジ

荷物を預けた後、ラウンジに向かいます。

ここでもやっぱり活躍してくれるプライオリティパス。

見つけました。

VIPの文字。

マラガのラウンジは大きい。

ゆったりとソファーが並べられています。

ここまでは優雅なのですが・・

この後はライアンエアーの世界です。

[ad]

ライアンエアー

ロッコのフェズからセビリアに飛んでから、2回目のライアンエアー

今回は、バルセロナ行きです。

相変わらず、無駄に歩かせます。

行ったり来たり・・

日本のピーチも無駄に歩かせますよね。

これって、荷物預けない人への嫌がらせでしょうか。

さらに、飛行機は沖留めだし・・

いよいよ、出発です。

定刻・・

頑張りました、ライアンエアー

飛び立つと、すぐ地中海上空。

マラガの街が見えます。

さらば、コスタ・デ・ソル。

また来るよ・・

なんてね・・

しばらく、スペイン上空を飛んだ後、再度、地中海に出ます。

砂州が特徴的なので、どこを飛んでいるかわかります。

もうすぐ、バルセロナです。

海側からアプローチです。

バルセロナの街が見えます。

バルセロナ空港

さすが、バルセロナ空港。

大きいです。

ライアンエアーはターミナルBに着きます。

出発客と到着客が混在する空港敷いてむです。

バゲージクレームまで迷いそうでした。

[ad]

空港バスでカタルーニャ広場へ

市内へのバス乗り場は簡単でした。

ゲートを出てすぐのところ。

鉄道だと、かなり歩かないといけません。

バスを使う方が市内アクセスは楽です。

バス車内もゆったり。

荷物置き場もたくさんありました。

バス終点、カタルーニャ広場まで乗ります。

ここから、地下鉄でホテルに行こうと思っていたのですが・・

あっさり、方針転換。

どうしても、楽な方を選んでしまう野良な性格は治りません。

まぁ、タクシー代安いので良しとしよう・・