思い出旅行記

定年バックパッカー

50代からの旅行サークル」を始めました。興味のある方はこちらから。

バルセロナを無料でガウディ観光する、半日お気楽コース


サグラダファミリア教会を見るために訪れる人が多いバルセロナ。それ以外、あまり時間が取れない人のために観光コースを辿ってみました。バルセロナ一番の繁華街グラシア通りをカサ・ミラからカサ・バトリョカタルーニャ広場へ歩きます。その後、カテドラル見学、ブケリア市場へ。三時間コースでした。

バルセロナ自炊生活

朝食もカミさんの手作り。

もう、自宅にいる気分。

リラックス感満載のバルセロナです。

洗濯機も付いているのでコインランドリーを探す必要もありません。

アパートメントスタイルに泊まって正解でした。

さて、昼からはテレビでサッカー観戦をしたいので、さらりと2時くらいまでに市内観光をすることに・・

お出かけです。

これ、ホテルの入り口になります。

Casa de les Punxes

まずは、宿の近くから・・

手に入れたバルセロナの地図を頼りに歩くことにします。

ラス・プンシャス集合住宅という名前でトリップアドバイザーで紹介されているが・・

ちょっと、不明。

とにかく外観がユニーク。

一瞬、ガウディの作品と思えるような感じです。

観光コースにもマストビューとして紹介されています。

一階はカフェ。

値段もお手頃です。

ちょっと、一杯と思うのですが、先を急がないと・・

カサ・ミラ

そこからちょっと歩くと、人だかり。

人が集まっている所へ行けばいいので楽チンです。

こちらは本物のガウディ。

真下から写真撮ると・・

収まりません。

このカサ・ミラサグラダファミリア教会より先に世界遺産に指定されています。

ガウディ語るには外せない建物です。

結局、通りを渡ったところから撮ると全景が入りました。

さらに、カタルーニャ広場に歩きます。

お嬢さん、視線の先は、皆同じです。

カミさんも・・

お約束のエルメスです。

このグラシア通り、ブランド店がズラリ。

さすが、バルセロナ一の繁華街です。

我が家にはあまり関係のない通りですが・・

カサ・バトリョ

この建物、実際の目で見てもらいたいです。

写真では全く美しさが伝わりません。

せめて、大きな写真で見てもらいたいのですが・・

ちょっと、このブログでは無理なようです。

ここも、なかなか全て一枚の写真の中に収めることができません。

仕方ないので、斜めから・・

カサ・アマトリエール

カサ・リェオ・モレラ

いたるところに写真スポットがあるので、何が何だかわからなくなります。

とりあえず、人が撮っていたら、写真に残します。

ケンゾーさんも、またまだ頑張ってます・・

グラシア通りをさらに進みます。

カタルーニャ広場

バルセロナのへそ・・中心になります。

地下鉄やバス路線が集まっています。

ここから空港行きのバスが出ています。

[ad]

鐘の音が聞こえてきます。

音に導かれるように・・

[ad]

カテドラル

正式名称 サンタ・エウラリア教会

バルセロナのカテドラル、一番重要な教会となります。

あまりにもサグラダファミリア教会が有名なので霞んでいますが、見応え十分な素晴らしい教会でした。

午前中、無料ということで助かりました。

観光客も少なく、午前中見学がいいようです。

私のオススメとしては、天井の曲線美。

そして、なんとも言えない礼拝堂。

ステンドグラスも見応えあります。

ずっと、見上げていたので首が痛くなります。

リアルなキリスト像

外の回廊に出ました。

中にはなぜか鳥が・・

白鳥ではないようです・・

なんの鳥だろう・・

人に慣れていて、餌をねだります。

教会の外に出ました。

路地を抜けつつ、メインストリートを目指します。

途中・・

有名な人のようです・・

ひまわりの飾りがオシャレだったので・・

ボケリア市場

ランブラス通りに出てきました。

人が沸いています。

人混みをかき分けて、市場に入ってみると・・

鮮やかな色が飛び込んできました。

まぁ、綺麗に盛り付けられています。

お菓子類から始まり・・

子供たちが群がっています。

子供ばかりでなく、大人でも買いたくなります。

まさに、観光地・・

上手なものです。

観光客向けの市場・・

値段が高い・・

そして、人多すぎ。

食べるところもあったのですが、人混みが苦手ですので、早々に退散。

ランブラス通り

こちらでもらった地図のマスト・シーを見て回ったのですが・・

この辺で三時間経過・・

これくらいが、私たちの体力の限界です。

地下鉄で休憩に宿に戻ります。

それにしても、バルセロナ、一気に日本人遭遇率上がりました。

一気に観光地にやって来たなという実感が湧いて来ました。

さて、ホテルに帰って、昼食、シエスタ、そして、サッカー観戦です。