思い出旅行記

定年バックパッカー

フィレンツェを無料で廻る一日観光コースです


月曜はフィレンツェのほとんどの美術館が休みということで、ミケランジェロ広場からヴェッキオ橋、シニョリーア広場、ウフィツィ美術館、ヴェッキオ宮殿、ドオゥモ、サン・ジョヴァンニ洗礼堂とお金も使わず、歩いて回りました。しかし、グッチガーデンで大量出費となりました。

月曜はフィレンツェのほとんどの美術館が休みです

朝になるまでも気がつかなかった。

どこから見て回ろうと考えている時に気が付いた。

昨日はバルセロナから溜まっていた洗濯物をコインランドリーで洗って、その後、ホテルの部屋でサッカー見てました。

なんてことをしでかしてしまったか・・

昨日のうちに、次の目的地ベネチア行きのチケット買ってしまったし・・

さらに、ホテルも予約したし・・

もう諦めるしかありません。

私は以前来た時に大体のところは見て回ったのでいいのですが、カミさんはフィレンツェが初めて。

やばい雰囲気が漂います。

ということで、ミケランジェロ広場からの景色が一番の見どころであることを力説。

朝一番で丘に登ることにしました。

フィレンツェ駅前

一日乗車券があるということで、近くの店で聞くのですが、よく分かりません。

結局、駅の中にある自動販売機で買いました。

バスチケットが鉄道駅で買えるとは・・

ちょっと、盲点でした。

さて、バスに乗ってめざすはミケランジェロ広場。

かなり、遠回りにて向かいます。

荷物を抱えた観光客もチラホラ。

途中経路に安いホテルがあるようです。

写真を撮りたかったのですが、向かいの席に親子連れ。

向かい合わせに座ったので、写真撮りづらく・・

そのままミケランジェロ広場まで大人しく座ってました。

その親子連れも目的地はミケランジェロ広場。

この人たちも観光客のようでした。

ミケランジェロ広場

30年ぶりのミケランジェロ広場。

前に来た時はここからの眺めが一番記憶に残っていました。

目の前に、昔と変わらない風景が広がります。

しばらく眺めいたのですが、ここはやっぱり夕方がいいようなので出直すことに。

坂をおります。

昔はここまで歩いて来て、そして、また歩いて降りました。

その頃は疲れなど感じないお年頃でした。

途中、木々の間からフィレンツェの街並みが見えました。

いい感じです。

サン・ニッコロ門

時間帯によっては登れるようです。

夕方来て、開いていたら登るかも・・

いゃ、登らないだろうな・・

少しおりて来た方が、いい感じの風景になります。

特に、ドゥオモを撮るのであれば、この角度の方が良さそうです。

アルノ川沿いを歩きます。

乗り放題のバスチケットがあるのですが、ここは歩きます。

ベッキオ橋が近づいて来ました。

ヴェッキオ橋

あら、ヴェッキオ橋、綺麗になっている。

昔はもっと小汚い店が並んでいたのですが・・

稼いでますねぇ・・

カメオ・・いいお値段です。

ゴールド・・我が家には関係のないお店です。

しかし、カミさん、熱心に見入っています。

周りの女性の方々も・・

ゴールド好きは万国共通のようです。

ベンヴェヌート・チェッリーニの胸像

それにしても、まぁ賑わっています。

シニョリーア広場

ヴェッキオ宮殿が見えて来ました。

ランツィのロッジア

フィレツェは屋根のない美術館と呼ばれている。

いたるところに彫刻があります。

特に、この広場の周りにたくさん展示されています。

ウッフィツィ美術館は休みなのですが、気持ちだけ外から見ることに・・

ウフィツィ美術館

やはり、ここも綺麗になっています。

前に来た時は、展示物も床に置かれたままだったりして・・

時の流れを感じます。

さて、作品群ですが・・

google mapで館内を歩いて、鑑賞できます。

・営業時間:8:15~18:50 ※最終入館は16:45まで ・定休日:月曜日  ホームページ  https://www.uffizi.it/gli-uffizi

ダビデ像

レプリカですが、とりあえず、お写真に・・

ヴェッキオ宮殿

今も市役所に使われているとか・・

贅沢な話です。

コジモ1世の騎馬像

ちらっと、グッチの店の前を通って・・

次に向かいます。

店の中のディスプレイ。

現職がイタリアを感じさせてくれます。

バルジェロ美術館

中は・・

ドウォモからたくさんの団体さんが流れて来ます。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

この上に登ると・・

昨日も来ましたが、中に入らず。

今日、改めて入場です。

しかし・・

すごい列です。

今日は月曜日なので、他の美術館はおやすみ。

当然見どころは限られているわけで・・

これは凄すぎます。

諦めました・・

サイド、閉館間際にチャレンジすることにしました。

ローマで全てその方法が成功してますから・・

・営業時間:10:00~17:00   ホームページは・・https://operaduomo.firenze.it/

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

天国の扉が有名です。人が前に固まってますが、残念ながらこの日は工事中でした。

お昼ご飯です。

この近くに手頃なピザ屋さんを見つけました。

さすがイタリアです。

どこの店で食べてもピザは美味しい。

さらに、風景が絶景。

贅沢な昼ごはんになりました。

お店の名前は・・グーグルさんには出てなかったです。

洗礼堂の横にあります。

昼ごはんを食べた後、お約束のシエスタ・・

ちょっと元気になって復活です。

ドゥオーモ・・カテドラーレ

先ほど諦めたドゥオモに再トライです。

列も短くなっていて、門の前から並びます。

でも、後少しで閉まるのですが・・

一つずつ、門の上の絵を写真に収めながら進みます。

なんとか、間に合いました。

悪運強しです。

入場料は無料です。

というより、まだフィレンツェに来てから一度も入場料払っていません。

ケチケチ観光です。

両端に祭壇が飾られています。

左の絵がパオロ・ウッチェロ作のフレスコ画「ジョン・ホークウッド」です。

オロ・ウッチェロ作の時計です。普通の時計とは違い逆回りに動きます。

ドーム型の天井には最後の審判

大聖堂の一番奥が、ステンドグラスがとても美しい中央祭壇になります。

ジョットの鐘楼

前に来た時は登りました。

今はそんな元気はありません。下から眺めるだけです。

・営業時間:8:30~19:30  ホームページhttps://www.ilgrandemuseodelduomo.it/monumenti/4-campanile

ダンテの家に向かいます。

ダンテの家

ダンテ・・「神曲」を書いた人・・くらいしか知りませんが・・

凄い人だとのことです。

ダンテの胸像です。

ちょっと遠目から・・

意外に見逃しそうなところです。

グッチ ガーデン

カミさんが中を見て見たいということです。

写真を撮っていいかと尋ねると、いいとのことで・・

遠慮なく撮らせていただきました。

ただ、その撮影のお礼として・・

財布一つお買い上げとなりました。

カミさん曰く、この店限定とのこと。

ヤフオクで売ると倍で売れるとか・・

まぁ、こんな椅子買われるよりいいかと・・

グッチ美術館併設しています。

場所はこちら・・

ヴェッキオ宮殿の隣にあります。

ポルチェッリーノの噴水(子豚の噴水)

帰り道、豚さんに挨拶して帰ります。

口の中にコインを置ければ幸せになるとか・・

みなさん、不幸一直線でした。

その近くで、ポケモン発見・・

そういえば、外国で一度もポケモンしていなかった。

めちゃ、レアなもの収穫できたかも・・

特に、サハラ砂漠・・

でも、電波届いてないか。

レプッブリカ広場

メリーゴーランドがありました。

飾りが日本で見るのとは違って、豪華です。

この下を通ってホテルへ向かいます。

途中、ハードロックカフェの前を通過・・

ジョットの鐘楼を見ながら・・

ホテル ジョットに到着です。

こちらに続きます・・

https://futen.net/2018/10/29/piazzalemichelangelo/

ブログランキングに参加しています。

ポチりしていただけると、更新意欲あがります。

にほんブログ村 旅行ブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしくお願いします。