日田の街を散策です

日田と言われても・・

どこって感じのマイナーな街ですが、江戸時代から栄えていたところです。

江戸時代は天領であり、豊かな土地柄です。

そのため、酒造りや木材など名産も多いところです。

歴史保存地区もあります。

豆田町

江戸の風情が残る街並みが続いているところです。

    

酒蔵の中を見学することもできます。

酒飲みには匂いがたまりません。

    

咸宜園

咸宜園(かんぎえん)は、江戸時代の先哲・広瀬淡窓によって、天領であった豊後国日田郡堀田村(現大分県日田市)に文化2年(1805年)に創立された全寮制の私塾である。「咸宜」とは『詩経』から取られた言葉で、「ことごとくよろし」の意味。塾生の意志や個性を尊重する理念が込められている。

ウィキペディアより