思い出旅行記

定年バックパッカー

タイ🇹🇭

バンコク・メーコン市場・ウドンターニ・プーケット・スラタニ 寝台列車鉄道の旅・マレー鉄道の旅行記です

ワンラン市場への行き方は? チャオプラヤ川を渡ると庶民の市場

バーン ワンラン リバーサイド ホテルに泊まった記事を書きましたが、 その周辺は観光客があまり訪れない場所です。 いま、バンコクでテロによる爆弾事件が続いていますが、 ここはまず無縁の場所と言ってもいいです。 行き方は・・ チャオプラヤエクスプレ…

ターマハラート(Tha Maharaj)は夜がおすすめ

新しいチャオプラヤのリバーサイドモール、ターマハラート。 Maharajと看板があったので、ずっとマハラジという名前だと思っていました。 ホテルの真向かいにあったので何回か行ったのですが、 バンコクの若者に人気らしく、昼も夜もカメラを持ったカップル…

家族旅行の買い物、父親の立場はこんなものです ウイークエンドマーケット

市場と言うと、みなさん買い物ですが、 私には、たのしいスナップ天国です。 売っている人の表情は豊かだし、品物は色鮮やか。 さぁ、買ってちょうだいと、色気を振りまいてます。 写真撮るものにとって、こんなたのしいところはないのです。 そして、もっと…

夜のアンパワー水上マーケットはレストランが安い

ユネスコアジア太平洋遺産賞(文化遺産保護)を受け、 少しずつ日本人にも知られてきたアンパワーの水上マーケット。 バンコクで水上マーケットというと、ダムヌンサドゥアック水上マーケット 。 私も行きましたが、見事に観光地化され、一種のテーマパークで…

わたくし、穴があったら入りたい恥ずかしいお話し

昨日の話の続きです。 伊勢丹からシーロムで乗り換え、ファランポーン駅へ。 乗り換えが長く、すきっ腹に答えます。 そして、空腹でたどり着いたチャイナタウン。 以前食べた串焼きの屋台を目指して歩いているときでした。 シンボルの中華街の鳥居の前で、道…

センセーブ運河水上バスでトラブル発生

旅行中にiPhoneで書いていた記事 お父さん添乗員でバンコク観光 の続きです。 もう一週間も前の話なので忘れていると思いますが、 息子が飲んでいたザクロジュースでカミさんの白い服が紅白の服に変身した話の続きです。 あの事件の後、気分転換に繁華街に出…

バーン ワンラン リバーサイド バンコク チャオプラヤリバーサイドホテルです

かねてからカミさんの要望が強かったチャオプラヤ川のリバーサイドホテルの宿泊が叶いました。 アルン レジデンスが第一希望だったのですが、希望する部屋が取れなかったため、こらちのホテルになりました。 ちょうど、セール時期に当たったので、川に面した…

アユタヤ観光で撮った写真です

タクシーチャーターで行ったアユタヤ iPhoneで現地から記事をもうすでにあげていますが、 futen.net カメラで撮った写真を追加で載せておきます。 アユタヤの写真ポイントの参考にしてください。 最初はワット・ヤイ・チャイ・モンコンです。 まだ元気でした…

カオサンで今昔を想う

最近のカオサン情報です。 日本食の竹亭やオカマ食堂のコーナーなど、ランブットリーにあった店がなくなっていた。 日本に帰ってから、竹亭のブログを読んでみると、かなり前に閉店したようである。 テナント代が高いらしい。 これも、豊かになる国の姿の一…

カオサン、マクドナルドの真上の部屋

バックパッカーの聖地、カオサンの待ち合わせと言うと、マクドナルドのドナルド前。 このマックの上はホテルなのを知っていますか? ダン ドゥーム ホテルという、三ツ星ホテルになっています。 以前来た時はなかったので、数年前にできた新しいホテルと思い…

助けられている、そして、祈る 【ワットポー】

家に着きました。 あわただしく旅行しているなと思われる方もいらしゃると思いますが、 これからのお盆の一週間は大切な日々だからです。 まず、今日この後、墓参りに行きます。 明日はお寺からお坊さんが拝みに来てくれます。 13日は迎え火を焚き、ご先祖…

タイ家族旅行終了 現在、関空泊中

今、エアアジアの機内にいる。 旅も終わった。 お父さん添乗員も終わりである。 今回、久しぶりの家族旅行であったが、 結構疲れた。 いつも以上に、気を使った。 子供達も大きくなったので、もうこれが最後となるだろう。 もしあるとすれば、子供が連れて行…

チャオプラヤ川右岸で昔を知る

チャオプラヤ、昔の私はメナム川と習った。 メナムとは川という意味である。 タイに来たヨーロッパの旅人が、 チャオプラヤを指して、名前を聞いた。 その時、これはメナムだと答えたため、 長い間、チャオプラヤはメナムであった。 バンコクの町は、チャオ…

チャオプラヤ川リバーサイドホテルに泊まる

今、バンコク時間の朝5時です。 外から、チャオプラヤを行く船の音が聞こえてきます。 ホテルは、うるさいカオサンから、静かなリバーサイドに移りました。 いいです。 すごくいいホテルです。 三つ星ですから、豪華ホテルという意味ではありません。 まず場…

アムパワーは夜がおすすめ タクシーでの行き方

夜のアムパワー、これは行く価値のある一級品の観光地でした。前回は金曜日に行って失敗。 今回はタクシーと交渉して、往復をタクシーで行くことに。1時間半かけて行きました。夜のアムパワー最高でした。 夜のアムパワー、これは行く価値のある一級品の観光…

アユタヤ観光、快適楽勝方法です

3日目にして、我が家の旅行パターンが決まってきた。 まず、私以外、みんな朝が遅い。 起きるのが8時。 まあ、だからこのようにブログの更新ができるわけですが。 旅行の基本は早寝早起きがいい。 宿探しや街移動、そして、暑さ対策など、いいことが多い。 …

お父さん添乗員でバンコク観光

バンコクに着いて2日目です。 昨日の疲れも取れたので、 子供たちをバンコクの観光案内つれて行きます。 今日は、お父さん添乗員です。 まずは、チャオプラヤ川の船に乗せます。 これだけで子供たちのテンション上がります。 王宮に着くと、すごい人です。 …

カオサンが上品になってビックリ

` 今、タイ、バンコクのカオサンにいます。 4年ぶりのカオサンになります。 いろいろ変わっているので驚いています。 今、タイ時間で朝4時なんですが、静かです。 当たり前だという人も多いと思いますが、 昔のカオサン知っている人にとっては、ビックリで…

深夜特急が早朝特急となる マレー鉄道スラターニ

夜中の十二時に目を覚ました。駅前に屋台が出ていた思い出し食事を調達。午前1時にチェックアウトした。列車の遅れを確認すと40分ほどの遅れである。荷物をカミさんに見てもらい、暇つぶしに駅の構内をいろいろ見て回る。鐘が鳴り、列車のアナウンスがあ…

スラタニ駅前ホテルの名前は、クイーン

スラタニ駅前に、バスで着いたのは5時。ホテル クイーンに泊まる予定。でも、古いので寝ることとならない。とりあえず、気分転換に外に出かけることとする。時間つぶしに近くのカフェでコーヒーを飲む。駅周辺の屋台街で食事をすることにしたが、雷も近づい…

ローカルバスに揺られ、プーケットからスラタニへ

本来は14時発のバスに乗る予定であったが、早めのバスに変えた。出発間近になって乗客が増え満席。荷物も何が入っているのかわからない物が乗ってきた。2時間ほど走ったところで休憩。トイレを済まし、その後バスは高速道路から離れジャングルの中、山道…

パトンビーチからプーケットバスターミナル2を安上がりに

パトンビーチからプ長距離バスターミナル2までの行き方が難しくなっている。とりあえずプーケットタウンまではソンテウで行く。終点は途中の噴水のあるサークル。ピンクバスがやってきた。ピンクバスはバスターミナル1経由でバスターミナルに着いたのが12時…

この夏、息子たちをバックパッカーとして鍛えます

今年の夏休みに息子たちをタイに連れて行き、放し飼いで鍛えてみようと思っています。 まずは、エアアジアの関空~バンコクの航空券を買いました。 座席指定なし、預け入れ荷物なし、当然、飲食なしで、バンコクまで行ってもらいます。 泊まるホテルは、当然…

プーケットと言えばシーフードということで

事前情報では、チェンライシーフードという店がいいらしい。しかし、たどり着けなかった。途中の海鮮レストランに座ることとなった。周りの店もいい感じである。隣の店の呼び込みのおばちゃんも隣の客だというのにいろいろ世話をしてくれた。客層もいい。ヨ…

カイ島のシュノーケルツアーはジェットコースター

ピピ島で大変な思いをしたのに、また、カイ島行のツアー申し込みました。今回はフェリーでなく高速クルーザーツアー。このツアーのスタッフはよく気がつきます。クルーの人の収入はチップが大事なようです。ところで、カイ島ご存じない方のために、地図を・…

夜のバングラ通りを散歩していると 【プーケット】

夜になると、昼の暑さがかなり和らいでくるが、それでも暑い。こんな時の避難場所がジャンクセイロン。食品売り場を探すのだが、なかなか見つからない。結局、買ったものはビーチサンダル一つ。 貧富の差の大きい社会を感じる場所である。 夜になると、昼の…

タイ料理が一番美味しいです・・・しかし

泊まっているホテルを出たすぐのところでお食事ができるので助かります。店の名前はオレンジレストランと「パトン コーナー」どちらの店も美味しいです。しかし、この食事の写真見てなんか変なところ気づきませんか。私にはタイ料理には大きなハードルがあり…

プーケットからピピ島行フェリーは船酔いします

ピピ島には片道1000円ほどでフェリーで行ける。船酔いしやすいカミさんのことを考えて、甲板に席を取った。一時間ほどすると、ピピ島の姿が見える。島の近くのシュノーケルが終わると、昼食のため、島に降りる。その後、帰り道、これが地獄の旅への幕開けと…

酒池肉林のパトンビーチ

マレー半島南下の旅は、プーケットから始まった。プーケットと言えば、パトンビーチ。ここは、映画インポッシブルの舞台になった地。津波に襲われ大きな被害を出した。そのあと、たくましく復興した街である。 マレー半島南下の旅は、プーケットから始まった…

ネット情報より現地情報が大事 【プーケット】

ホテルにチェックイン後、旅行社へ。名前はハッピーツアー。ここで、まず、物価を確認する。さらに、天気の確認も大事である。カオマンガイの店 Brileyを教えてもらった。ここは美味かった。おすすめである。なおかつ、安い。場所も載せておきます。 ホテル…