思い出旅行記

定年バックパッカー

オーストラリア家族旅行🇦🇺

ケアンズ・ポートダグラス・グレートバリアリーフ観光の旅行記 ホテル・ツアー情報・気球ツアー・レンタカー情報

ケアンズのホテルで、キャンセルトラブル

ケアンズに出発する前に、ひとつ気がかりなことがあった。 それは一枚のケアンズからの送られてきた小切手である。 額面は約3万円。 振出人はホテルのマネージャー。 最初の予定では、このエスプラネード通りのコンドミニアムで滞在する予定であった。 ただ…

クイックシルバーでアウターリーフへ

ポートダグラスの港からグレートバリアリーフへクイックシルバーに乗ります。 ケアンズ方面では、定番中の定番のツアー。 昔来た時はケアンズの港から出る船に乗ったのですが、もうなくなったようです。 テンションあげあげの私以外はやはり我が家は船酔いで…

ケアンズで熱気球に挑戦

ホテルを出たの朝4時すぎ。 こんな時間に本当に迎えが来るのだろうと思っていたが、すこし遅れてやってきた。 ポートダグラスから霧の山道をマリーバに向かう。 1時間ほどで、マリーバの町に着いた。 そこにはたくさんの人が集まっていた。 熱気球、一日何…

未開の海岸、ケープトリビュレーションへ

北へ走ると、ケープトリビュレーションに着く。 たどり着くまで、これでもかとレインフォレストが続く。 途中、橋がかかっていない川を渡る。 ワニがワーニングということで、泳ぐわけにはいかない。 ここには、フェリーがある。 動き出したとき、前の車の人…

ポートダグラスの観光

ポートダグラスの朝は早い。 ここのリゾートは夜遅くまで騒がしいところでなく、 早寝早起きのリゾートである。 ホテルの近くのフォーマイルビーチに夜明けを見に行った。 誰もいないと思っていたが、散歩するお年寄りやジョギングするカップルに出会った。 …

ポートダグラスでコンドミアム生活

これ一度やってみたかったんですよね。 で、念願かないました。 ポートダグラス、お金持ちのリゾート・・・大人のリゾート・・・・ いろいろ話を聞いていました。 高級ホテルがほとんどで、落ち着いたリゾート。 情報を集めるほど、憧れが。 以前ケアンズ行…

ミコマス・ケイでシュノーケル・・ケアンズ

以前は現地ツアーは、現地の旅行社で買うのが安上がりであったが 現在はネットの方が安いことが多い。 今回は、現地に着いてからもネットでツアーを探して参加した。 しかし、アジアでは現地で調達する方が格段に安いのだが・・・ クーポンはホテルのフロン…

野生のワラビに餌をやる・・ケアンズからマリーバへ

泊まっていたコンドミニアムの前を毎日キュランダ鉄道が通って行きます。 私は20数年前に来た時に乗ったことあるので今回は乗る予定はなかったのですが、 キュランダまでドライブして、駅に停まっている列車見学を(笑) その後、マリーバの街まで野生のワラ…

夜のケアンズ観光

ナイトライフ・・・ なんかいやらしいタイトルだが、別にそちらの話ではない。 今回の旅行は、コンドミニアムを借りての旅行。 食事は基本的に自炊ですました。 自炊といっても、私が作るのではなくカミサンが作るから、まかない付きとも言える。 ということ…

ケアンズ空港でレンタカーを日本からハーツGoldプラス・リワーズで予約

五人家族なので、フルサイズ。 オーストラリアの旅行は、空港からレンタカーを借りて移動。 五人家族なので、フルサイズ。 荒れた路面の道路でも100キロで余裕の安定走行。 レンタカーを借りるときは、カウンターでいろいろ手続きが面倒です。 保険をどうす…

ラスティーズ・マーケットにて・・ケアンズ

コンドミニアムに滞在 オーストラリアでは、食費を倹約するという意味もあり、コンドミニアムに滞在でした。 買い物はコールスやウールワースの一般的なスーパーマーケットがあるのですが、 ローカルな市場はいろいろ楽しめます。 私たちの旅行の一番の楽し…

ケアンズでコンドミニアムに泊まってみた

家族で行くときはコンドミニアム 我が家の宿の予算は、一人一泊3000~4000円が相場である。 物価の高い街では、一人5000円を超えることもあるが、一応この予算でホテルを探す。 夫婦で旅行する時が多いが、家族で出かけるときもある。 五人家族なので、20…

ケアンズへ、ジェットスターに乗ってみた

うわさのジェットスター。 あまりいい評判のないジェットスター。 私はジェットスターに感謝しています。 大変感謝しています。 なぜなら、ジェットスターが関空に来てなかったら、我が家のオーストラリア旅行はなかったからです。 昨年の夏、北海道行くかっ…

ブログランキングに参加しています。

ポチりしていただけると、更新意欲あがります。

にほんブログ村 旅行ブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしくお願いします。