スポンサーリンク

シンガポールの家族写真と食パンアイス

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

昨日、家族で誕生日のケーキを食べた。

なぜか、シンガポールで食べた食パンアイスの話になった。

シンガポールでは給食に出てくるような、何でもない食パンにアイスを挟んで売っていた。

最初に買った長男は意志がうまく伝わらなかったようで、ビスケットに挟まれたアイスを食べたという。

後の二人は、それを見た後だったので、うまく食パンアイスをゲットできたという。

私も一口食べたのだが、確かに美味しかった。

日本では味わえない説明しずらいアイスの味。

食パンのチープな味が何とも言えない後味を残します。

写真は残っているかと、探してみたのだが、残念ながら美味しいものの写真は残らない運命にあるようである。

リバーサイドでの家族写真には、その残骸が下の息子の手に、しっかりにぎられていた。

 

1_201508020602088ac.jpg

 

2_20150802060209c02.jpg

 

このリバーサイドで、チリクラブを食べたはずなのだが、この写真も残っていない。

たぶん、運ばれ来た時、すぐにたくさんの手がカニに向かって動いたため、写真を撮るどころではなかったのであろう。

この時、上の高校生から、、中学生、そして小学生と食事時の生存競争の激しいころだった。

ただ、何でもない風景写真だけが残っている。

 

3_20150802060211454.jpg

 

4_20150802060212e3d.jpg

この後、ボートクルーズに乗ったようで、ブレブレの夜景写真が残っていた。

船の上での子供たちのうれしそうな様子が残っている。

 

5_20150802060207d6b.jpg

 

6_2015080206022133e.jpg

 

7_20150802060223fb8.jpg

 

8_20150802060224a72.jpg

 

9_201508020602271d4.jpg

明日から、久しぶりの家族旅行である。

長く、子供の部活の関係もあり、私たちの夫婦だけの旅行の間は、

祖父母とともに子供たちは留守番が続いていた。

今回はそれもなくなり、息子たちを連れていくことができる。

残念ながら、娘は仕事と猫の世話があり留守番となる。

昨日は、やっぱり一緒に行くようにしておけばよかったと言っていた。

我が家の猫も、18歳用の餌で生きている状態。

もう、ペットホテルに耐える体力はないだろう。

歳をとって、ちょっと薄汚れてきて、加齢臭もするが、我が家の大事な一員である。

 

1104.jpg

 

旅行に出ていて、一番の気がかりは家族のことである。

世界一周の旅に出るときまでに、いろいろ考えておくことも多そうである。