再開発によって成立するオリンピック

リオデジャネイロのオリンピックは大丈夫か

ロンドンオリンピックの場合、海岸付近のいわゆるウォーターフロントと呼ばれるところを再開発して、試合会場としていた。

東京もロンドンに習い、ウォーフロントの開発が進んでいる。

ロンドンの前の北京においては、古い住宅地が取り壊されて、会場が建設された。

住民たちからは強い反対運動もあったが、そこは中国、上からの力で押さえ込んだ。

今年のリオデジャネイロでは、ファベーラと呼ばれるスラム街がこの再開発の対象となった。

住民たちからは当然不満の声が、中国の時と同様高まった。

中国の場合と違うのは、政府の力の違いである。

汚職などによって信頼を失っているブラジル政府には、その不満を持つ国民を押さえ込むだけの力がない。

そして、もうすぐ始まるオリンピックと繋がっていく。

大会期間中は、サッカーのW杯の時ように、軍隊などの力で押さえ込んでいくと思われるが、不安はいたるところに広がっている。

ロンドンのウォーターフロント開発としてのエクセル地区

テムズ川の下流地区はかつて港として使われており、倉庫街や造船所が広がる地域である。

そのため、別名、ドックランズと呼ばれるところである。

E0117096 6543472

オリンピック前より、この地域は再開発が進んでおり、ホテルや商業施設、住宅地と、公共機関の整備とともに聴い発が進められてきた。

オリンピックの開催にあたり、さらに開発のスピードが早まった。

テムズ川にロープウェイがかけられて。観光地としても整備されていった。

E0117096 6355214

これからの東京も同様にオリンピックに向けて、整備が進んでいくものと考えられる。

エクセルで開催された柔道の応援に行った

E0117096 654412

E0117096 655596

モンゴルからの応援のおじさん。

その他、みんな色々工夫した格好で応援しています。

E0117096 1130266

E0117096 11595764

E0117096 7291563

E0117096 11594451

国ごとに固まって応援するパターンが多かったです。

日本の場合は、散らばって応援する形。

お国柄でしょうか。

E0117096 11303853

試合内容は、別の記事で書きます。

競技場内での食事は

ロンドンのまずい印象が今回ない理由として、朝のパンが美味しかったということと、それに加えて、試合を見に行くたびに、そこでかならず一食は食べていたと理由もある。

この競技場での食事、けっこういけました。自然理うわさでは、まずい、高いというぼったくりの情報が流れていましたが、実際は安い、うまいでした。

少なくとも、日本の物価よりは安かったです。

この写真は競技場の中にあったスタバでの食事です

E0117096 1202033

E0117096 120990

E0117096 120308

E0117096 1203736

飲み物ふたつに、サラダボックスとサンドウィッチで10ポンドほどでした。

ここの店の店員さん、英語がなまっていて、ナメ?ナメ?と聞いてきます。悩んでいると、後ろのご婦人が、ネエムと教えてくれました。

お前はオーストラリア人かとつっこんで笑いが取れましたが・・