テムズ川空中回廊

スポンサーリンク

テムズ川の下流のグリニッジに、楽しい空中イベントがある。

スポンサーリンク

エミレーツ・エア・ラインと呼ばれるロープウェーである。

たいへんな人気で、かなり待たないといけないような雰囲気があったが、

けっこう列が長いのにかかわらず回転が速く、

30分ほど並んで乗ることができた。

1_2015072703580225c.jpg

2_201507270358030ea.jpg

3_2015072703580554c.jpg

4_20150727035806e0e.jpg

5_2015072703580157d.jpg

6_20150727035823eb2.jpg

7_20150727035824156.jpg

8_20150727035826421.jpg

テムズ川の上から見るアトラクションとしては、ロンドンアイがありますが、

そちらは予約が必要だし、なにより高い。

その点こちらは庶民価格です。

片道で物足りない人は往復割引もあります。

サイクリストの人もどうぞです。

なんとこのロープウェー。

自転車ご載せることができる。

自転車文化の違いを感じます。

さて、このロープウェーがあるところはドッグランズと呼ばれるところです。

テムズ川は、エスチュアリーと呼ばれる、河口が沈降しているところにあります。

そのために川底が深く、河口から50キロ近く上流まで、船は川をさかのぼることができのです。

ロンドンの港はテムズ川の河岸に発達してきました。

この周辺は造船所が多かったことから、ドックランズと呼ばれるようになりました。

船が大型化し、港は下流に移動したため、

倉庫街がひろがる、あまり人気のある地域ではないところとなりました。

そこで、ロンドンの再開発の一つとして、ウオーターフロント計画と言う名のもとに開発が始まったわけです。

内容は、高級ホテル、ヨットハーバー、大規模のイベント会場などの建設です。

あれ、これ東京に似てる、と思う人がいると思います。

はい、東京の再開発はロンドンのパクリなんです。

お台場や千葉の幕張、そして、横浜のみなとみらい、すべて、ロンドンのパクリです。

まあ、成功したものを真似するのは良いことです。

9_20150727035827b14.jpg

10_201507270358217b5.jpg

東京と違うのは、ここは住宅街にもなっています。

路上駐車がめだちます。

日本の住宅街では考えられないことです。

同じ首都でも、東京都大違い。

数字にあらわれない豊かさを感じます。

DSC_4869.jpg

↓ ↓ よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
イギリス🇬🇧
定年バックパッカー 旅行ブログ