思い出旅行記

定年バックパッカー

アンコールカンボジア航空の思い出


この写真は、カンボジア・アンコール航空のスッチーさん。

高ピーのどっかの航空会社のスッチーとはちと違う。

国情からすると、めちゃエリートだと思うけど、心からの挨拶、こころに響きますよ。

NewImage

カンボジアの挨拶は、両手を前に合わせる。

日本でお辞儀をするかわりにである。

女性にこのポーズをされると、メロメロである。

子供たちからも、モノ売りからも、いろんな人から、この挨拶をうけた。

ホーチミンからアンコールワットのあるシュリムアップまで飛行機を使った。

若者なら、バスを使うところだが、年寄りは楽をさせてもらう。

NewImage

ホーチミンの空港を出発して、30分。

眼下にメコンの流れが見えてきた。

飛行高度が低いので、まじかに川が見える。もう、カンボジアに入っているのであろう。

雨季のため、川幅を広げ、水の色は土色である。この色こそがメコンカラー。

NewImage

NewImage

久々に乗ったプロペラ機。

国際空港なのに、歩いて入国。

雨季だったので、いつ雨に降られるかひやひやの旅行でした。

旅行の中で何が一番楽しいか、人それぞれだと思いますが、私は飛行機に乗るのが一番楽しい。

小さな時から、飛行機は憧れの乗り物だった。

その時の気持ちが今でも続いています。

こんな記事が一番旅情を掻き立てられます。

ブログランキングに参加しています。

ポチりしていただけると、更新意欲あがります。

にほんブログ村 旅行ブログへ    ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしくお願いします。