にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へに参加中

雪の小樽観光、そして回転すし和楽へ

スポンサーリンク

小樽観光は小樽港から始まった。

いきなり北海道の厳しさを味わう。

ただ、空気は澄んでいた。

石狩湾を挟んで、遠くの山々まで見ることができる。

 

この近くの運河で途中珍しいものを見た。

シャベルかーを海の中に突っ込んで洗っている。

こんなところで洗わなくてもと思いながらよく見ると・・

洗っているのではなく、海に浮かんでいる雪をとかしていた。

ここは、小樽市内の雪捨て場であった。

 

その後の北一硝子のある観光地に移動する。

 

この寒い中でも、観光客が多い。

さらに、その中心は外国人である。

歩いている外国人、北欧の街を歩く服装です。

みなさん、よくリサーチができてます。

 

さらに、日本人より数では圧倒しています。

まさに、インターナショナルな観光地です。

十年前に訪れた小樽のなんとなく寂れた感じ・・

それは、派手な観光地に変身です。

看板は、中国語、ハングル、英語。

 

 

南国から来たものにとって、雪を見るだけで感激です。

東南アジアから来る人の気持ちよくわかります。

北海道はまさに別天地です。

 

 

食べ物もみたことがないものがずらり。

食べてみたいですが、ここで食べるともっと美味しいものが食べれなくなる。

じっと、我慢です。

 

 

寒いだけに、この鍋には心が動きましたが・・

ここもなんとか、クリアー・・

 

しかし、寒さに耐えれません。

お土産を買うついでに、店に避難です。

 

 

入ると、早速、店の人が色々勧めてくれます。

 

昆布の粉をお湯に少し入れるだけで・・

あら不思議・・

かき混ぜると、ドロドロして来ます。

そして、飲むと・・

うまい・・

お買い上げ決定・・

 

さらに、湯豆腐昆布を買いました。

お店の人、高いものではなく、ハネを勧めてくれます。

こちらの方が量が多くて、安いから・・

私もこれ使ってます。

ありがたいお言葉どうり、購入いたしました。

 

さらに、こんな看板も・・

 

色々食べ物屋さんから、誘惑を受けます。

いやぁ、たまりません。

 

ルタオの店を発見。

知る人ぞ知るお菓子屋さん。

寒いので、入ってみます。

 

いたるところで試供品が・・

美味しくいただきました。

残念ながら、限定品を求めて行ったのですが、売り切れということで・・

何も買わずに・・

申し訳ありません。

まぁ、他のところでは買っていますので・・

 

 

寒い中、さらに頑張って歩きます。

 

 

こんな店も・・

 

やっと、本命の店につきました。

北一硝子。

 

入り口におしゃれなものが・・

 

 

店の中に撮影禁止ということで、ここまで・・

ここの素晴らしさをお見せしたいところなのですが・・

残念・・

我が家の歴代の醤油差し、ここのを使ってます。

 

 

観光も終わり・・

いよいよ本命の寿司です。

小樽では回転寿司で十分満足できます。

その数多くある回転寿司の店の中でも・・

地元民オススメの店・・和楽

 

他の店がガラガラでも、ここだけは行列ができます。

私たちも、20分ほど待ちました。

目の前には、美味しそうなのものが流れていきます。

ここの通の頼み方は、紙に書いて頼むとか・・

回っている寿司はとりません。

当然、お酒もいただきます。

北海道の地酒です。

ますます寿司の味が引き立ちます。

 

紙で頼んだものが、一気に並びました。

 

 

そのあと・・ボタンエビ・・

 

ズワイガニ・・

 

これらは私の口には入りません。

甲殻アレルギーなもので・・

カミさんがうまそうに食べます・・

 

私は負けずにホタテを・・

そのあとは、回っているものを・・

途中、休憩にホタテの味噌汁・・

 

そした、さらに・・

ありそうでない、紅鮭の寿司・・

 

美味しかったものを再リクエスト・・

ソイです・・

ほっき貝・・

 

これ以上のせると、お叱りを受けそうなので・・

大満足の夕食でした。

 

そして、お会計・・

なんと・

なんと・・

 

7千円。

 

素晴らしい