カラフルな家を訪ねて、グアナファトの丘へ登ります

スポンサー


いざ出陣です。

あのカラフルな街まで行ってみることにします。

と言っても、登るのは・・

ケーブルカー。

長い列ができてましたが、30分ほどで乗れました。

まぁ、こんな小さなケーブルカーですから、列ができるのがわかります。

最前列に乗るために、一本パス・・

上りだから、最前列ではなく、最後尾の間違いでした。

おかげでいい写真撮れました。

山の駅で降りると、土産物屋さんでした。

ここでコーヒーカップ購入。

お土産ではなく、使うため。

ホテルの部屋にコーヒーカップ付いていないことが多いメキシコです。

もう少しお金を出せば、付いているのでしょうが・・

噂のピピラ像かな・・

とりあえず写真に残します。

ここがグアナファトのメイン観光地ですね。

一気に日本人率上がりました。

団体さんもバスでここまで登って来ます。

ラパス広場方面です。

グアナファト大学が目立ちます。

修学旅行生も到着。

躾のできた学校のようです。

さて、いよいよカラフルな街並みを歩きます。

しかし、どこから降りていけばいいのか・・

なんとなく、小さな道を見つけて降りてみます。

この家への入り口かもしれませんが・・

無事、家の横を通過。

下への階段が続きます。

なかなか急な階段です。

この階段を買い物袋を下げた住人が登って来ます。

毎日でしょうね・・

ご苦労様です。

人一人やっと通れる階段です。

こんな道、もう一度通れと言われても無理です。

迷路のような階段が続きます。

すれ違う人に、メルカードと聞くと、そうだと答えてくれます。

行き止まりではないようです。

店屋さんでしょうか、看板が出ています。

ここまで商品運ぶの大変そう・・

ちょうど、主人が出て来ました。

写真を撮ると喜んでもらえました。

よく、ここまで来たなという感じで挨拶をされました。

やっと、平らなところに出て来ました。

坂道は終わったようです。

それにして、カラフルな色です。

でも、近くで見ると、ちょっと汚ならしかったりして・・

遠目で見るのがいいようです。

珍しく白い家です。

鮮やかな色が多い中で、白は新鮮に感じます。

急な階段は終わりましたが、だらだらと坂道が続きます。

見たことあるところに出て来ました。

例の小径があったところです。

やっと、メインストリートに到着。

暑いので、みなさん色々工夫しているようです。

今日もフェスティバルが続いているようです。

いろいろな出店が出ています。

普通のおばさんが屋台で作っています。

美味しそうですが・・

ちょっと、水分補給にいちご購入。

やっと、市場までやって来ました。

中に入って見ると、スッキリした市場です。

今まで見て来たゴミゴミとした感じはありません。

観光地ですねぇ。

食堂もあるようです。

でも、ここでは食べません。

もう昼ごはんを食べるところは決まっています。

市場近くのトンネルの入り口。

このしたにバス停があるのでしょうね。

市内はこんなバスが走っています。

道路が狭いですからねぇ。

さて、目当ての店に来ました。

ここで昼ごはんです。

これで一人前です。

鳥を半羽頼むと、ご飯とサラダが付いてきました。

店の人に頼んで、お皿を二枚。

でも、ビールは二人分頼んでいます。

昼食後、ホテルへの帰り道。

一色だけの道を発見。

こんな通りもいいものです。

この後、ホテルでシエステ。

夜の観光に備えます。

そして、暗なった頃に再度ケーブルカーに乗ります。

今回はさほど並ばずに乗れました。

昼に訪れた場所ですが、夜になると雰囲気が変わります。

夜が更けるのが遅いので、しばらく時間つぶし。

この後、同じような写真を何枚も撮ります。

まぁ、こんなものでいいでしょう。

疲れて来たので下に降ります。

今度は流石に歩いて降りるのはキツイのでケーブルカーで降ります。

下の街は人が沸いています。

昨日と同じように大道芸人が人々を笑わかせています。

ただ、今日は学生の楽団はいないようです。

チラホラ同じ格好をした人が歩いていますが、演奏はしないようです。

いい感じの噴水です。

夜を彩ってくれます。

今日はラパス広場のレストランで夕食です。

ビールを頼むと。大量のレモンがついて来ました。

料理は少なめに注文したのですが・・

やっぱり、一つ一つの量が多いです。

メニューを見てもわからなかったので、指差しで注文したものが来ました。

中は肉です。

色が洒落た料理ですが、味は今一つ。

なかなかメニュー解読難しいです。

さて、これでグアナファト観光終了。

明日の移動に備えて寝ることにします。

↓↓↓よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
今日もクリックありがとうございます



スポンサーリンク

シェアする