フィヨルドツアーチケットを受け取った後、オスロ市内観光

スポンサーリンク
オスロ1日目は予約しているフィヨルドツアーチケットを引き取りにオスロ駅に向かいます。出発は明日ですので、今日一日はオスロ観光へ。その前にオスロ駅のコインロッカーを確認後、駅の中で、遅い朝ごはん。 ムンクの叫び、ヴィーゲラン彫刻公園、アーケル ブリッゲと廻ります。

ポーランドのホテルで起こったある事件

当日の日記にはこんな感想が残っています

フィヨルド観光するためには、ベルゲン鉄道の予約が必要です。

思いついたのが、数日前なので、予約できるところが限られています。

とりあえず、ネットで検索すると必ず出てくる某べ●●●で調べると、予約可能のマーク・・

ということで、カード番号等入力して申し込むと・・

72時間後までに返答するとのこと・・

アレェ、予約可能だから、受け付けるのでは・・

とりあえず受け付けしてから、予約をとる作業に入るようです。

でも、回答が72時間後なんて・・

ダメだった時は、もう間に合わないし・・

ということで、キャンセルしようとすると・・

問い合わせ中はキャンセルできないとのこと。

生殺し状態に落ち込みました。

まぁ、取れたらそれで良しなのですが・・

待つこと、三日。

昨日のことです。

予約が取れませんでしたとの返答。

あらあら、せっかくノルウェーまで行くのに、フィヨルドに行けません。

オスロとベルゲンのホテルも、航空券も全て予約済みなのですが・・

なんか、詐欺にあった感じ。

取れる可能性がないのなら、受け付けたらダメでしょ。

最低、取れなければすぐに取れないと回答するべきでしょ。

申し込んでから72時間キャンセルできないということは、必ずホームページに書くことです。

受付完了後の画面で知らせるなんて・・ ちょっとひどすぎるのでは・・

まぁ、怒ってばかりいても仕方ないので、ノルウェーのツアー会社に申し込むと・・

あら不思議、数時間後に予約完了のメール。

あっさり、取れました。 さらに、ベ●●●より安いし・・

どういうことなんでしょうか。

ネット社会の中には不思議なことがありますね。  

ということで、

取れたチケットを引き取りにオスロ駅に向かいます。

フィヨルドツアーのチケットを購入

フィヨルドツアーのチケットを交換するには メールでは・・・

Ticket Delivery
Element Collect your tickets at:
Round trip Oslo via Bergen incl. premium fjord cruise boat Pick up at Oslo Central station:

Your reference number is: 268652699

The NSB ticket office at the Oslo Central Railway station is located between the entrance to track 7-8 and 9-10.
Ticket machines can not be used.

Opening hours NSB ticket office:
Monday – Friday: 07:30 – 20:00
Saturday: 10:00 – 18:00 (Staff present at the station 07:30-10:00*)
Sunday: 10:00 – 18:00 (Staff present at the station 07:30-10:00*)


PLEASE NOTE: To receive your tickets you need to show the booking confirmation including the reference number.
The tickets can be collected anytime during the opening hours, but they must be picked up at the latest 45 minutes before departure.
*PLEASE CONTACT THE NSB UNIFORMED STAFF TO GET YOUR TICKETS ISSUED.

7-8番ホームと9-10番ホームの間にあるとか・・

意外に簡単に見つかりました。

ただお客が多く、しばらく待ちましたが、メールを見せるとあっさりゲット。

場所はこちら・・ グーグルマップで確認してください。

ナットシェルのフィヨルドツアーチケット

お値段、一人3190クローネ 日本円にして、約3万7千円。

1日目・・オスロからベルゲン(列車)

2日目・・ベルゲン自由行動

3日目・・ベルゲン-(列車) ↓ ヴォス着 ↓ ヴォス-(バス) ↓ グドヴァンゲン着 ↓ グドヴァンゲン-(船) ↓ フロム着 ↓ フロム-(列車) ↓ ミュルダール着 ↓ ミュルダール-(列車) ↓ オスロ着

出発は明日ですので、今日一日はオスロ観光。

その前に確認することが・・ ベルゲンに行って、二泊。

その後、列車、バス、フェリーなどを乗り継いでオスロに帰ってきます。

その間、重たい荷物を持っての移動は疲れますので、コインロッカーの確認です。

オスロ駅の中を探すと・・ ありました。

オスロ駅のコインロッカー

そして、ロッカーサイズは大丈夫かと考えていると、便利なものが・・

この中に荷物を入れて、コインロッカーのサイズを選びます。

これで、フィヨルドツアーの準備完了です。 落ち着いたところで、お腹が空いたので

駅の中で、遅い朝ごはん。

ホットドックと水で48クローネ。 ノルウェーにしては良心的。

とりあえず、お腹が満たされたので、オスロ市内観光スタートです。

まずはメインストリートを歩きます。

オスロ大聖堂とか・・

銅像とか・・

あまり興味を引かず・・ とりあえず、国立美術館まで歩いてきました。

目的は・・

ただ一枚の絵・・

はい、コレです。

ムンクの叫び

それにしても、こんな有名な絵が間近に見えるとは・・ むしろ無防備。

ノルウェーの治安の良さを感じます。 後は適当にブラブラと・・

結構、見たことある絵があります。

ここってすごい美術館。

ルーブルみたいに混んでないし

椅子に座ってのんびりできるし

さすがノルウェーです。

この後、遠くに王宮を眺めるのですが、そこまで歩いていく気力なし。

とにかく、ここノルウェーにはフィヨルドを見るためにやってきた。

その他はあまり興味がわきません。

でも、せっかくなのでトラムに乗って観光です。

乗り物だけは意欲が湧きます。

二日間の乗り放題チケットを購入。

乗り心地良いトラムです。 空いてるし・・

ネットで調べると、郊外に面白い公園があるとか・・

ヴィーゲラン彫刻公園

緑の中、みなさんのんびりお散歩です。 豊かなお国柄が漂います。

しばらく歩くと・・ 色々な銅像が・・ それも日本では絶対ありえない構図・・

よく言えば、ダイナミック・・

あのう、なんか教育には良くない感じがするのは私だけでしょうかぁ

広い緑の公園とは対照的です。

花も綺麗です

しかし、その中にある像は挑戦的。 これを芸術というのでしょうか。 私には理解できません。

見学に来ている子供達に感想を聞きたいくらいです。

さて、これが一番有名なものとか・・ 仕切りに怒っています。

そら怒りたくもなるでしょう。

怒り狂って、投げ飛ばしたりして・・

たっぷり幻術鑑賞いたしましたので、平和なところに戻ります。

今度はカミさん、海が見たいとのことですので、トラムでそちらに向かいます。

車内で突然立ち上がった人が・・

チケット検査しますとのこと。 普通の格好した人がいきなりです。

抜き打ち検査というか・・ 色々な国でトラムに乗ってきましたが、抜き打ち車内検札は初めてです。

やっぱり、タダで乗ろうとする人いるのですね。

意外なノルウェーの姿を垣間見ました。

そして、やってきました。 港町というか・・ ここから、色々な方面に船が出るところです。 まぁ、港・・ かっこよく言うと、ハーバー。 どっちでも良いですが・・

アーケル ブリッゲ

セントラム エリアの一角にあるアーケル ブリッゲは、屋外テーブルを備えたレストランの並ぶ桟橋で知られています。ここでは、高級な北欧料理やフランス料理から、ハンバーガーやステーキなどのカジュアルな料理まで楽しめます。近くには人気のある夏季限定のボートバーが停泊し、美しいオスロ フィヨルド観光のために年間を通してフェリーが出航しています。地元の文化的名所には、有名な賞に関する展示を行うノーベル平和センター、魅惑的なアストルップ ファーンリ現代美術館などがあります。

とのグーグルさんの説明です。

船を見ていると、持っているトラムのチケットでも乗れるようです。

しかし、ちょっと疲れ気味なので、明日、船に乗ることに。

 

ここが観光の中心となっているようで、みなさん、周りのレストランでお食事中。

私たちも食事と言いたいところですが、レストランのメニューを見ると、一人五千円くらいの品々が並びます。

ビビってしまい・・・

こちらで買って、港を眺めながらベンチでお食事。

まだ、ノルウェーに来てまともなもの食べていません。

噂には聞いていましたが、殺人的な物価の高さです。

まぁ、見える景色は同じなので・・ なんとも貧素な晩御飯。

 

この明るさですでに9時を回っています。

ホテルに帰って、明日からのフィヨルドツアーに備えることにします。

それにしても、この物価高。 来るとこ間違えたかも・・

スポンサーリンク
ノルウェー🇳🇴外国旅行記
シェアする
定年バックパッカー 旅行ブログ